MBA留学カウンセリング
Future Education Center
MBA留学 Future Education Center
Road to Your Professional Goals!

残席状況(2016年7月30日現在)

 

2016年8月のMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)は、日曜日開催分が残席わずかになりました。

ご希望の場合には、今すぐセミナーお申込みフォームよりご都合の良い日時をお伝えいただければと思っております。

 

1st Round出願(2016年9月~)のためのMBA留学カウンセリングは受付終了しました。

但し、特別な理由のある場合には、可能な限りスケジュールを調整いたしますので、遠慮なく相談していただければと思っております。

 

 

MBA留学準備といえば、田山裕丈MBA留学カウンセリング

2016年には、MIT Sloan School of ManagementのMBA Programからの合格をはじめとする素晴らしいご報告が受講者の皆さんから届いています。

 

たくさんありそうだけれど実は選択肢が限られている、世界のトップMBAプログラムも目指せる、日本語の対話による内容重視のプログラムです。

受講者の皆さんが、「考えて」、「意識して」、「表現する」ことにより、「簡潔」で、「一貫性」があり、「オリジナリティ」にあふれるメッセージが、出願先のビジネススクールの入学審査担当者に伝わることを目指しています。

 

特に、全体最適を考慮しながらMBA留学準備を進めたいと考えているあなた、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)に参加してみませんか?

MBA留学経験者の田山裕丈だからこそ提供できる価値があるかもしれないので、「もっと早く相談すれば良かった」と後悔しないようにお早めに確認していただければと思っております。

 

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

お問合せ・予約フォームはこちら

 

What's New!

おかげさまで、トレーニングパートナーズ株式会社(Future Education Centerの運営会社)は、2016年4月に10年目を迎えました。

田山裕丈MBA留学カウンセリングを選択していただいた受講者の皆さんと口コミによりご紹介いただいている元受講者の皆さんに心から感謝しております。

受講者の皆さんに合格通知が届くことを目指して、MBA留学準備の流れを大切にしながら、1回ごとのMBA留学カウンセリングに最善を尽くすことができればと思っています。

有り難いことに、今年度は、当初の想定を超えて、MBA留学を目指す皆さんから、MBA留学カウンセリングのお申込みに関するご連絡が届いております。

今後、状況により、MBA留学カウンセリングのお申込みを一時的に停止させていただく可能性がありますことを予めご了承ください。

田山裕丈のMBA留学カウンセリングをご検討いただける場合には、お早めにMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただければと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

P.S. 「海外MBAドットコム ~世界に飛び立とう!~」の合格体験記2016において、元受講者のHiroPapaさん(MIT Sloan School of Management)の合格体験記が掲載されました。

田山裕丈のMBA留学カウンセリングの様子など、実際にトップMBAプログラムの合格を勝ち取った軌跡が記載されています。

 

MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)開催中

~MBA留学を目指すならば、最初のステップとしてお気軽にどうぞ!~

Future Education Centerは、MBA留学経験者の田山裕丈によるMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を開催しています。

参加者の皆さんのご希望に応じて、全体最適を意識した出願準備スケジュールの作成方法、英語試験(TOEFL®、IELTS™)の学習方法、能力試験(GMAT®、GRE®など)の学習方法、出願書類の作成方法、出願校の選択方法、外国人カウンセラーの選択方法、インターネットなどに氾濫している玉石混合の情報の選択方法など、幅広い範囲にわたってご相談いただいております。

幸いにも、参加者の皆さんから、「自分の立ち位置が理解できた!」、「ずっと1人で悩んでいた疑問が解決した!」、「出願準備の優先順位が明確になった!」などの前向きなことばをお伝えいただいております。

他方、出願期限が近づいてから、「もっと早く相談すれば良かった」という感想を聞くことは珍しいことではありません。

特に、再チャレンジしているリアプリカントの皆さんには、これまでのMBA留学準備の在り方とは異なる新しい価値を実感していただける可能性がより高いかもしれません。

出願期限に追われながら出願書類の形式を整えるのではなく、気持ちの余裕を持って適切にタイムマネジメントをしながら出願書類の内容の更なる充実を図ることが望ましいです。

2017年度のMBA留学を目指す皆さんには、今すぐご参加いただくことを強くおすすめいたします。

もちろん、英語試験(TOEFL®、IELTS™など)、能力試験(GMAT®、GRE®など)の目標スコアを獲得している必要はありません。

ご希望の場合にはレジュメを拝読いたしておりますので、ご遠慮なくお伝えください。

電話またはSkype™による遠隔教育スタイルのセミナーなので、地方在住の皆さんにもお気軽にご参加いただければと思っています。

お問合せ・セミナーお申込みフォームよりご連絡をお待ちしております。

 

田山裕丈のMBA留学カウンセリング

~信頼できるMBA留学カウンセラーは見つかりましたか?~

MBA留学経験者として、「受講者の皆さんが出願校から合格通知を受け取る可能性を更に高くするにはどうしたら良いのか?」と考え続けてきました。

そして、MBA留学カウンセリングの内容(出願戦略の立案、レジュメの内容構築、エッセイの内容構築など)のみならず、事務手続き(受講日時の情報共有、止むを得ない場合の直前キャンセル可能、受講有効期限日までの解約届の提出により未受講分料金の100%返金など)や受講料金(受講回数単位の価格設定、1回あたり税込19,440円、入会金0円など)を含めて総合的に検討することにより、MBA留学カウンセリングの改善を重ねてきました。

現在は、双方向のコミュニケーションを重視する遠隔教育スタイルと柔軟なMBA留学カウンセリングは相性が良いことを実感しています。

誤解を恐れずに申し上げますと、想定の範囲を超えて新しい発見につながる可能性があるため、重要なブレークスルーの鍵として、沈黙、無駄話、試行錯誤を大切に考えています。

逆説的ですが、特にトップMBAプログラムの出願書類の準備に関しては、効率を優先すればするほど逆効果になる可能性があると思っているからです。

おかげさまで、元受講者の皆さんによる口コミによるご紹介などにより、トップMBAプログラムを目指す皆さんから、自分に合ったMBAプログラムを目指す皆さんまで、業界を問わず幅広くご活用いただけるようになりました。

2016年度には、受講者の皆さんから、MIT Sloan School of ManagementのMBA Programからの合格をはじめとする素晴らしいご報告が届いています。

MBA留学を目指すあなたのパートナーとして、目標に向かってお互いに頑張ることができればと思っています。

田山裕丈のMBA留学カウンセリングをぜひ前向きにご検討ください。

 

受講者の声

K.U.さん

Full-Time MBA Program (Class of 2018)
University of Southern California (Marshall)

志望理由も漠然としていたほぼゼロの状態からスタートしましたが、様々なヒントやアドバイスを通して、単にエッセーを仕上げるためだけではなく、多くの学びや気づきを頂くことができました。

自分自身を見直すきっかけにもなったと思っています。

仕事との両立など大変で長い道のりではありましたが、自身の限界を試す大きな経験であったことは間違いありません。

とはいえ、本番はこれからでもありますので、このチャンスを生かすも潰すも自分自身だということを肝に銘じて、全力でいろいろなことに取り組んでいきたいと思います。

 

記載されている受験体験記のページ

○Duke University The Fuqua School of Business for Japanese Prospective StudentsのAdmission(受験体験記 2017)のページ

○ゴイズエタ(Emory University Goizueta Business School)日本人向けオフィシャルサイトの出願情報(Class of 2017)のページ

○MIT Sloan 101の受験情報(受験体験記:Class of 2015)のページ

 

MBA留学カウンセリングの選択理由

○経営学修士(MBA)と教育学修士(MA)を持つ田山裕丈が直接担当

○世界のトップMBAプログラムも目指せる日本語のカウンセリング

○対話を通して考える機会を重視する柔軟な遠隔教育スタイル

 

MBA留学カウンセリングの特長

○担当カウンセラーの田山裕丈MBA留学経験者

 ~MBA留学準備の経験者でもあります~

○コンテキストを重視する日本語のコミュニケーション

 ~日本語の対話により英語版ドラフトの内容を構築するという選択肢もあります~

○どこからでも活用できる遠隔教育スタイル

 ~電話とSkype™から選択可能です~

○状況に応じて柔軟に予約できる受講予約システム

 ~午後10時00分以降の受講に関しても個別にご相談させていただいております~

○止むを得ない場合の直前キャンセル可能

 ~急な仕事などの場合にも安心です~

○1回あたりの受講料金は2万円未満

 ~入会金はありません~

○受講有効期限までの解約届提出により未受講分の受講料金を全額返金

 ~受講しながら考えるという選択肢もあります~

 

MBA留学カウンセリング受講者募集中

~世界のトップMBAプログラムも目指せる内容重視のプログラム~

2017年度のMBA留学を目指すあなたに重要な質問があります。

Why MBA?、Why MBA now?、Why this school?について考えるのはまだ早いと考えていませんか?

実際には、世界のトップスクールの出願期限(1st Round:2016年9月頃)まで、あと約60日しかありません。

他方、キャリアの分析、キャリアゴールの設定、出願校の選択、レジュメの作成、エッセイの作成など、多岐にわたる準備が必要になります。

出願戦略の立案、エッセイの方針決定、エッセイの内容構築の流れが鍵になるのですが、1校目の出願準備は0から1を創造する試行錯誤のプロセスなので、当初の想定を超える時間や労力が必要になる可能性があります。

もしかすると、あなたは、「出願書類(レジュメ、エッセイなど)の準備を開始しなきゃ!」と思っているけれど、英語試験(TOEFL®、IELTS™など)や能力試験(GMAT®、GRE®など)の準備で忙しいのかもしれません。

しかし、2017年度のMBA留学準備は既に始まっています。

英語試験や能力試験の準備を優先し過ぎることにより、十分に検討することなく出願校を決定してしまうのはもったいないです。

また、効率を重視し過ぎるあまり、形式は素晴らしいけれど、内容は表面的で伝えたいことが明確に表現されていないエッセイを提出することは回避することが望ましいと思います。

英語試験や能力試験のように点数で表現できる訳ではないのでわかりにくいのですが、一般論に終始する出願書類とオリジナリティにあふれる出願書類の間には大きな違いが存在していると言っても過言ではありません。

考える時間、表現する時間、熟成させる時間のバランスが大切です。

MBA留学準備の全体最適を考慮しながら、柔軟にタイムマネジメントを行うことが理想的です。

出願期限までの1日1日を大切に過ごしながら、MBA留学の準備を進めることを強くおすすめいたします。

一日も早く、ドリームスクール、チャレンジスクール、リスクヘッジスクールから構成される暫定的な出願校ポートフォリオを作成することをご提案いたします。

今すぐ、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加ください。

「セミナーお申込みフォーム」からのご連絡をお待ちしています。

事前にレジュメおよびキャリアゴールに関するエッセイをご送付いただける場合には拝読いたしておりますので、ご希望の場合には、「メッセージ入力欄」よりお気軽にお伝えいただければと思っています。

あなたと同じように、今、世界のどこかで、これから新たに出会うビジネススクールの仲間たちも準備を進めています。

目標に向かってお互いに頑張りましょう!

 

MBA留学カウンセリング

米国留学(MBA留学)、英国留学(交換留学)、インド調査(MA論文リサーチ)などのアカデミックな経験、銀行勤務、起業などのビジネスの経験、および、体育会サッカー部、米国大学の日本同窓会などのコミュニティでの経験を持つ田山裕丈(トレーニングパートナーズ株式会社代表取締役)がMBA留学カウンセリングを担当しております。

 

MBA留学を目指す皆さんとMBAプログラムの架け橋として少しでもお役に立てるように、MBA留学準備の経験、MBA留学の経験、および、10年を超えるMBA留学準備支援の経験を踏まえて、内容重視のMBA留学カウンセリングの可能性を模索しながら改善に取り組んできました。

 

たくさんありそうだけれど実は限られている、MBA留学経験者による日本語のMBA留学カウンセリングです。

 

「日本語」の対話により、「コンテキスト」を重視しながら、MBA留学準備の「全体最適」を意識したMBA留学カウンセリングを提供しております。

 

ことばを重視する11のコミュニケーションを通して、過去を振り返るとともに未来を展望しながら、Why MBA?Why MBA now?Why this school?などに関する洞察を深めることにより、受講者の皆さんが、適切な出願校を選択するとともに、自分のことばで自分の可能性を明確に表現できるようになることを目指しています。

 

もしあなたが日本で生まれ育ち日本語で仕事をしている日本人ならば、少なくともMBA留学準備の最初の段階においては、日本語のMBA留学カウンセリングを強くおすすめいたします。

 

受講者の皆さんとカウンセラーの関係は対等で、権威やしがらみにとらわれることなく、MBA留学カウンセリングを通して創造的なアイデアを分かち合えることが理想的であると思っています。

 

基本的には、ワークシートを活用しながらMBA留学準備を進めることを推奨しておりますが、実際には、キャリア分析、出願校の選択、出願書類の内容構築など、受講者の皆さんのご希望に応じてカスタマイズしております。

 

たとえば、エッセイの内容構築に関しては、「ブレーンストーミング」、「フィードバック」、「リードスルー」をはじめとする様々な方法により、「受講者の皆さんが表現するからこそビジネススクールの入学審査担当者に響くメッセージ」を発見するプロセスを支援しております。

 

ブレーンストーミングにより自由な発想でアイデアを出しながら可能性を探し、フィードバックにより他者評価を考慮しながら焦点を絞り、リードスルーにより読み合わせながら改善点を発見して内容を掘り下げるという流れになります。

 

そして、「書き言葉」によるレジュメやエッセイなどの出願書類の内容構築は、「話し言葉」によるインタビュー対策につながっていると考えています。

 

受講者の皆さんが、「考えて」、「意識して」、「表現する」ことにより、「簡潔」で、「一貫性」があり、「オリジナリティ」にあふれるメッセージが、出願先のビジネススクールの入学審査担当者に伝わることを目指しています。

 

大局的には、Future Education CenterMBA留学カウンセリングの存在意義は、受講者の皆さんが将来的に自分の可能性を最善の形で発揮できるように、MBA留学準備のプロセスを通して支援させていただくことであると考えています。

 

小さな民間教育機関ですが、既にMBA留学を実現されている元受講者の皆さんから、これからMBA留学を目指す皆さんをご紹介いただけることに心から感謝しております。

 

ありがとうございます。

 

最近、田山裕丈MBA留学カウンセリングを積極的に選択していただける機会が増加していることを実感しています。

 

MBA留学準備全般に関するご相談を承っております。

 

出願期限が近づいてから「もっと早く相談すればよかった」と後悔しないように、今すぐMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただくことをご提案いたします。

 

これからMBA留学準備を本格的に開始する皆さんはもちろんのこと、リアプリカントとして再チャレンジする皆さんも歓迎いたします。

 

英語試験(TOEFL®ibt、IELTS™など)、能力試験(GMAT®、GRE®など)の総合スコアが揃っていなくても大丈夫です。

 

インターネット上に氾濫するMBA留学準備に関する玉石混合の情報に振り回されないように、直接、あなたにとっての最善のMBA留学準備の方法を確認していただければと思っています。特に、MBA留学準備に関するカウンセラーを探す場合には、過去の結果や評判などを過信することなく、あなたの考え方に合ったMBA留学準備の在り方を基準にすることが望ましいと考えています。

 

また、カウンセラーにより受講料金の基準が異なるため、中途解約の返金基準など、通常は意識することは少ないけれど後で問題になる可能性がある点に関しても事前に確認することをおすすめいたします。カウンセラーとのミスマッチが起こっているにもかかわらず、事務手続き上の理由により、他の選択肢をとることができず無駄に時間だけが過ぎてしまうことはもったいないです。

 

先ずは、あなたにとって、カウンセリングが必要かどうか考えてみてください。そして、必要であると思う場合には、他社のカウンセリングと比較してみてください。MBA留学準備の全体像を考慮しながら、総合的にご検討いただければと思っています。

 

真剣にMBA留学を目指すあなたからのご連絡をお待ちしております。

 

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

ご参考

○ 2017年度のMBA留学を目指す皆様へのご提案

○ MBA留学カウンセリングの活用スタイルについて

○ MBA留学準備の全体スケジュールについて

○ 出願校の選択について

○ トップスクールに合格することは簡単ですか?

○ MBA留学準備の費用について

○ TOEFL®は専門家のサポートを受けることが良いですか?

○ GMAT®は専門家のサポートを受けることが良いですか?

○ 出願書類作成は専門家のサポートを受けることが良いですか?

○ レジュメの完成度について

○ エッセイの完成度について

○ 遠隔教育スタイルのMBA留学カウンセリングについて

○ MBA留学カウンセリングの限界について

○ MBA留学準備の常識を変えるMBA留学カウンセリングのご案内

○ MBA留学カウンセリング

○ カウンセラー紹介

○ よくある質問

○ MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)

○ お問合せ・セミナーお申込みフォーム

 

セミナー内容 MBA留学準備全般に関するご相談
カウンセラー 田山裕丈 (トレーニングパートナーズ株式会社 代表取締役)
お申込み方法

お問合せ・お申込みフォーム」から、ご希望の日時をご記入の上、
ご連絡をお願いいたします。

お問合せ・予約フォームはこちら

MBA留学準備プライベートセミナー開催日時 (2016年7月30日現在)

開催日

開始日時

随時

(先着順)

2016年8月1日(月)20時00分~

2016年8月2日(火)20時00分~

2016年8月3日(水)20時00分~

2016年8月5日(金)20時00分~

2016年8月6日(土)13時00分~

 

2016年8月7日(日)20時00分~

2016年8月12日(金)20時00分~

2016年8月13日(土)13時00分~

 

2016年8月15日(月)20時00分~

2016年8月16日(火)20時00分~

2016年8月19日(金)20時00分~

2016年8月20日(土)13時00分~

 

2016年8月22日(月)20時00分~

2016年8月24日(水)20時00分~

2016年8月25日(木)20時00分~

2016年8月26日(金)20時00分~

2016年8月27日(土)13時00分~

 

2016年8月28日(日)20時00分~

2016年8月29日(月)20時00分~

午後の早い時間(たとえば、14時00分~、15時00分~、16時00分など)、夜の遅い時間(たとえば、21時00分~、22時00分~、23時00分~)など、上記以外の開催日時をご希望の場合には、ご希望の日時をメッセージ入力欄にご記入ください。

可能な限り、スケジュールを調整いたします。


既にMBA留学カウンセリングなどのご予約のある場合など、ご希望に沿うことのできない可能性がございます。

また、直前(ご希望の開催日時から72時間以内)のお申込みの場合には、開催日時を過ぎてからのご返信になり、スケジュールの再調整が必要になる可能性がございます。

どうぞ予めご了承ください。

 

職場、ご自宅など、ご都合の良い場所から、電話またはSkype™によりご参加いただいております。

MBA留学準備プライベートセミナーの開始時間に合わせて、担当講師より電話またはSkype™にてご連絡いたします。

 

Skype™によるMBA留学準備プライベートセミナーをご希望の場合には、「セミナーお申込みフォーム」のメッセージ入力欄にてお伝えください。

基本的には、Skype™によるご希望の記載のない場合には、電話によりMBA留学準備プライベートセミナーを開催させていただいております。

どうぞご理解いただければ幸いです。


最新情報