MBA留学カウンセリング
Future Education Center
MBA留学 Future Education Center
Road to Your Professional Goals!

受講者合格実績(プログラム開始:2020年) NEW!

Audencia Business School
ESADE Business School
EMLyon Business School

ESCP Europe
ESSEC Business School
HEC, Paris

IESE Business School
New York University
SKEMA Business School

University of Cambridge

おめでとうございます!

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

 

受講者合格実績(プログラム開始:2019年)

California International Business University
Claremont Graduate University
Columbia University

ESADE Business School
ESSEC Business School
Harvard University

HEC, Paris
IE Business School
Indiana University, Bloomington

INSEAD
Johns Hopkins University
London Business School

Manchester Business School
National University of Singapore
New York University

Rutgers University, Newark and New Brunswick
Tufts University
University of Birmingham

University of California, Berkeley
University of California, San Diego
University of Chicago

University of North Carolina, Chapel Hill
University of Washington, Seattle
Vanderbilt University

おめでとうございます!

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

 

MBA留学カウンセリング残席情報

○ MBA留学カウンセリングは残席わずかです。

○ 電話またはSkype™のMBA留学カウンセリングは残席わずかです。

○ Face-to-FaceのMBA留学カウンセリングは満席です。

 

お問合せ・予約フォームはこちら

 

Final Round(2020年3月頃)の出願を目指す皆さんへのMBA留学カウンセリング受講者の募集に関するご案内

2020年秋入学のMBA留学を目指す皆さん、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加の上、これからのMBA留学準備についてお気軽にご相談ください。

これから本格的に出願書類(レジュメ、エッセイなど)の作成を開始する皆さんはもちろんのこと、既に出願書類の作成を開始していてセカンドオピニオンを検討している皆さんや他社のカウンセラーとの相性が良くない皆さんにも遠慮なくご参加いただければと思っています。

英語試験(TOEFL®、IELTS™など)、能力試験(GMAT®、GRE®など)の点数は問いませんので、現在、スコアメイクを行っている皆さんにもお気軽にご連絡いただければと思っております。

現在、Final Round(2020年3月頃)の出願を目指すMBA留学カウンセリング受講者の皆さんを募集しております。(状況に応じて、2nd Round(2020年1月頃)の出願を目指すMBA留学カウンセリングの受講についてもご相談いただければと思っております。)

既に様々な皆さん(元受講者、現受験生仲間など)からご紹介(ありがとうございます。心から感謝しております。)いただいていることにより、現在は遠隔教育スタイル(Skype(TM)、電話など)のMBA留学カウンセリングについて若干名様のみの募集とさせていただいておりますが、近日中に予告なくMBA留学カウンセリング受講者の募集を終了させていただく可能性がございますことを予めご了承ください。

真剣にMBA留学を目指す皆さんからのご連絡をお待ちしております。

目標に向かってお互いに頑張りましょう。

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

 

MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)参加者募集中

ビジネススクール、公共政策大学院、国際関係大学院などを目指す皆さんのご参加を募集しています。

参加スタイルについては、電話、Skype™から選択可能です。

真剣にビジネススクール、公共政策大学院、国際関係大学院などへの留学を目指す皆さんからのご連絡をお待ちしています。

お問合せ・予約フォームはこちら

 

 

受講者の声

R.N.さん
University of Birmingham
Birmingham Business School
Full-time MBA Programme
Class of 2021

◇ 豊富な知見をもとに、エッセイに必要なアピール項目を引き出していただけた。

◇ TOEFL®やGMAT®等のスコア取得状況に応じて、的確な受験校のアドバイスをしていただけた。

◇ エッセイのドラフト等に細かく目を通して、必要十分なご指摘をいただけた。

◇ 講師がネイティブ限定の安価な英会話ツールの利用等の有益な情報をいただけた。

◇ 普段地方で生活している事情を考慮いただき、電話やSkype™を通じて効率的に面談いただけた。

(全文はこちら

 

T.A.さん
University of California, Berkeley
Haas School of Business
Full-Time MBA Program
Class of 2021

○ 田山さんはレスポンスが早く、個々の受験生に時間をかけているのが良く分かり、決してこちらの意見を否定せずに聞き入れてから田山さんの観点でのアドバイスをくれ、終始継続して真摯な対応をして頂きました。ドライで高額なネイティブのカウンセラーと併用してコンサルティングを受けることをお勧めします。

○ 田山さんのアドバイスも踏まえて、私が経験上やって良かったと思えることは以下です。

o 可能性がある限りは恥を捨ててしがみ続けること。

・ Waitlist中は、キャンパスビジット2回目、追加の推薦状、追加のエッセイ、追加のテストスコア、学校関係者訪問、近況アップデートとあらゆることをしました。

o リスクを取って、人には書けないストーリーを書いてみること。

・ 全ての大学には出来ないが、クリエイティビティを求めている。

・ 特に、合格可能性が低い所にはリスクを取ってぶつかってみるべきではないか。

o カウンセラーと意見が異なる場合には、自分が信じる方で書いた方が結果に関わらず後悔しない。

・ どちらが正しいかは結局は分からないが、カウンセラーの意見を信じてインタビューに呼ばれなかった時はカウンセラーを責めたくなる。

(全文はこちら

 

Y.H.さん
Vanderbilt University
Owen Graduate School of Management
MBA Program
Class of 2021

非常に様々な点から助けていただきました。まず志望校の選定については、自分がヘルスケア業界を重要視している点を伝え、希望の大学をお伝えしたところ、その点を踏まえたまた新たな志望校を提案していただくことも多かったです。また私がスコア不足から躊躇していたような大学においてもそれぞれの大学の傾向を熟知されているため、この大学だとTOEFL®が100を超えていないと難しいが、この大学であれば可能性はある等、個人で挑戦していたならば決してわからないであろう知見を参考に具体的な大学、また現実的な出願スケジュールを提案してくれ、効率的な出願戦略を立てることができました。

加えて特に私が特筆すべきと思ったことは、大学が重要視している特色に合わせ、私のエッセイ等を微調整するようなアドバイスをいただいたことです。作成したドラフトに対し、私が以前話した仕事の経験から出たエピソードを参照してくれ、この学校には特にこのエピソードが有効ではないか、もしくは以前書いたこのポイントをより深く書けば、この質問にマッチしたアピールができるのではないか等、客観的な視点からの的確なアドバイスを常に与えてくれ、私自身もそのアイデアを参考にさらに発展させたエッセイを書き上げようとすることで、多くの苦労はしたものの自分の中で、このエッセイで落ちたのであればしょうがない、と思えるほどのエッセイを書き上げることができました。このことは田山さんのご協力なくしてはありえなかったものと感じています。

(全文はこちら

 

R.K.さん
Harvard University
John F. Kennedy School of Government
Master in Public Administration
Class of 2021

Future Education Centerの田山先生は、常に、ネガティブな意見ではなく、私の可能性を信じてポジティブかつ説得力のある言葉で私を励ましてくださり、それが、エッセイを書く際の自信につながりました。また、志望校のエッセイでは、自分の独学では掴みきれないような大学院の特徴などを他の大学との比較などを通してアドバイスをくださったり、エッセイのネタや構成など様々な選択肢で悩む中で、私の意思を尊重したうえでどのような方向性が良いか、私が納得がいくまで親身になって議論に付き合ってくださいました。また、エッセイにとどまらず、レジュメ等の他の書類との整合性、各大学のスピーキング試験や面接対策などにもトータルで相談に乗っていただきました。特に、ケネディースクールは、他の大学より出願エッセイが多かったり、エッセイのお題も工夫がしてあるため、トータルで相談に乗っていただけたことで、一貫したメッセージを大学に発することができました。全てのアドバイスが、豊富なご経験や綿密な情報収集に基づくものであり、質の高いアドバイスのもと有益なディスカッションを行うことができたことが合格につながりました。

(全文はこちら

 

TONYさん
INSEAD
MBA Programme
September 2019 Intake

周りにMBA経験者や受験生の知人があまり居らず、手探りで進めていた中で、田山さんから、個々の受験生のプロフィールやMBAへの期待等を踏まえた、テーラーメイドされたアドバイスをいただけたことが、大変有意義でした。具体的には、TOEFL®とGMAT®対策にかかる時間、志望校の考え方や出願数、キャンパスビジットのタイミング・出願時期・出願順等の具体的なスケジュールなどについて、丁寧にアドバイスいただきました。私は一般的には遅いと言われるラウンド3から4にかけて出願しましたが、田山さんのアドバイスを信じ、やりぬくことができました。

カウンセリングでは毎回予約時間以上の時間を割いてくださり、またエッセイではNativeのカウンセラーとはまた違った視点で、詳細なアドバイスをいただけました。出願締め切りに追われているときは、田山さんの厳しくかつ正しいご指摘に弱音を吐きたい気持ちにもなりましたが、最後の最後まで、少しでもより良いものにしようという熱意を感じ、自分自身が妥協してはいけないと、気持ちを強くすることができました。

(全文はこちら

 

A.K.さん
Indiana University
Kelley School of Business
Full-Time MBA Program
Class of 2021

今回の挑戦をするにあたり、資金面からテスト対策は独学と決めており、身近な知り合いに海外MBA経験者もいなかった為、田山さんがほぼ唯一の相談相手という中で準備を進めていきました。

印象に残っている点はたくさんありますが、いくつか挙げると下記の場面で助けて頂きました。

・学校が出しているテストスコア平均だけでなく、First roundだとどうなのか、他の出願パッケージと合算した時にどうなのか、という視点を常にくれ、全体的な準備計画を見て下さった

・上で挙げた通り、転職経験自体がなかったので、キャリアプランを立てるにあたり、具体的な職種、業種、場所(+できれば企業)までは考えた方が良い事等、おそらく人によっては大変初歩的な段階から関わって下さり、自分の状況に合わせて下さった

・出願締め切りまで余裕があるタイミングでは客観的で間接的なアドバイス、近くになると直接の修正案を出して頂いて、出願に向けて常に最適なペースを見ながら進めて下さった

・驚いたのはメールでのフォローアップが大変細かった事。MBA関連の情報を頻繁に送って頂いただけではなく、メールでのアドバイスもたくさんもらい、費用対効果という点でも大変有意義に感じた

また私にとって一番大きかったのは田山さんのお人柄だったように思います。

出願前年の1月~3月頃にエッセイカウンセラーを考えていた時から、"自分の人生の一部をある意味預ける人だから、実績はもちろんだが、この人にお願いしたいと感じる人にしよう"と漠然と決めており、 私にとって田山さんはそのような方でした。特に受講生の意見を尊重し、こちらのペースを最優先して頂ける事が、ストレスなく進める事ができた大きな理由だったと思います。

一緒に立てさせてもらったキャリアプラン・出願パッケージには現在も大変納得しており、立てた目標に沿って留学生活を送るつもりです。

(全文はこちら

 

K.I.さん
The University of Manchester
Alliance Manchester Business School
Full-Time MBA Programme
Class of 2021

留学準備は本当に長くて辛い日々でしたが、田山さんに伴走してもらったおかげで合格を勝ち取ることができたと思っています。私は英語が得意ではなかったですし、自分の思考・経験を深く掘り下げて整理する作業は日本語で行い、エッセイやインタビューの場で上手く表現する作業は英語で行いたいと考えていました。そのため最初から有名な外国人カウンセラーは全く検討せず、日本人である田山さんをカウンセラーに選びました。田山さんと深い議論ができたことが、質の高いエッセイにつながったと思います。

エッセイやインタビュー対策で田山さんにアドバイス頂いたのはもちろんのこと、一番助けてもらったと感じているのは、自分のリソース配分に関するアドバイスです。忙しい仕事と両立しながらの留学準備は、GMAT®対策、エッセイ作成、インタビュー対策、学校選び、推薦状など、あらゆる準備がある中で、自分の時間を何に優先的に配分するのか、何を捨てて、何を取るかという、優先順位付けが非常に重要になってきます。その点において、「今月の前半はGMAT®:エッセイ=5:5でやり、後半はGMAT®:エッセイ=9:1で進めるのが良いと思います」、「次のラウンドでの出願はA校のみに絞ることで、インタビューの準備にリソースの9割使うのが良いと思います」など、田山さんのアドバイスはいつも的確でした。私は、自分のリソース配分の戦略を毎月田山さんと相談しながら進めたおかげで辛い時期を乗り越えることができました。

(全文はこちら

 

H.Y.さん
The University of London
London Business School
Sloan Masters in Leadership and Strategy
January 2019 Class

昔からMBA留学関係のガイドブック、TOEFL®やGMAT®の参考書や問題集を買い漁っては斜め読みする程度で、真剣に取り組んでいませんでした。逆に本やネットの情報に流されて、何が自分にとって最適で何が必要でどの順番で取り組むべきか、などが判らなくなっていました。特にプログラム選定が難航しました。去年あたりから旅行を兼ねて学校訪問などもしていましたが、この年齢でMBAは厳しいと言われEMBAを薦められ、さらに学校の参加学生の年齢層を見てMBAは確かに自分には厳しいと思いました。しかしEMBAの多くはモジュールプログラムで働きながら、2週間とか渡航して受講するシステムだったので、今の職場では無理でした。そんなもやもや状態が続いていた今年5月頃、とあるサイトで田山先生のFuture Education Centerを見つけました。そこで無料相談があるというのでアメリカからスカイプで相談をしました。田山先生の第一印象は真面目そうで、とても真摯かつ丁寧でその人柄も気に入りました。そしてフルタイムで1年という短期で修了できるSloan Fellows Programというのが世界に3つあると知りました。LBS、Stanford、MITです。そこで一気に焦点が絞れました。もっともっと早くに田山先生と知り合っていれば良かったと思いました。

それまで20年近くアメリカのプログラムだけ志望していた自分がLBSを選んだ理由は、1)学費が(ほかに比べると)低め、2)自分の人生で日米豪とアジア太平洋圏での暮らしが長かったので、ヨーロッパ・エクスペリエンスもあればグローバルな視野を体得できる、3)このBREXITという節目にロンドンにいることは面白そう、4)2019年1月からプログラムがスタートするので切りがいい、ということでした。

田山先生には志望校選出、エッセー、履歴書、面接戦略、推薦人の選出などいろいろなプロセスで大変お世話になりました。田山先生のお力添えがなかったらここまでこられず、依然として踏ん切りがつかずもんもんとしていたと思います。本当に感謝しております。

(全文はこちら

 

Y.M.さん
The Chinese University of Hong Kong
CUHK Business School
Full-Time MBA Program
Intake 2018

独学で留学準備をすることに限界を感じて、8月末よりMBA留学カウンセリングをお願いしました。私は職務経験が3年弱と他の志望者に比べて短く内容が薄くなっておりましたが、約4ヵ月かけて自分自身の過去・現在・未来の掘り下げをしていただき、独学では到達出来ないレベルの素晴らしいレジュメ・エッセイを作成することが出来ました。結果としてIELTS™GRE®のスコアが低いにも関わらず、3校出願して3校とも面接に進むことが出来たのは間違いなく田山先生のおかげだと思います。

(全文はこちら

 

S.I.さん
MIT Sloan School of Management
Sloan Fellows Program
Class of 2019

TOEFL®の100点超えが見えてきた頃、そろそろエッセイにも着手せねばと思い始めました。英文でレジュメやエッセイの作成経験が全く無かったので、日本語でゼロから一緒に考えていただけるカウンセラーにお願いしたいと思い、社費派遣生の先輩の方から紹介いただいたFuture Education Centerでお世話になることにしました。評判通り、田山先生からは、毎回、過去の自分のキャリアの棚卸し、レジュメの書き方の基本からアピールすべきポイント、エッセイのネタ選び、文章の展開について、自分ひとりでは決して気づかない的確かつ熱心なアドバイスをいただくことができました。加えて、田山先生が毎回カウンセリングの中で紹介なさる先人の名言やフレームワークが私にとっては非常に示唆に富み、それらのアイデアを自分なりに咀嚼することで、カバーレターやエッセイに新しい視点が生まれたり、中身が深まったりすることが少なからずありました。

私の場合は、早い段階で田山先生へのコンタクトを開始し、その後は2週間に一度のペースを原則としてカウンセリングのアポを入れていましたが、田山先生が冒頭にTOEFL®やGMAT®の進捗状況を確認いただき、今後の見通しや注力する分野に関するアドバイスをいただけたことが非常に良かったと思っています。いわば、田山先生が留学準備プロセス全体を通しての「伴走者」となっていただいたのです。自分ひとりだったら、この長い暗中模索のプロセスで迷い、くじけていたかもしれません。田山先生のこれまでの指導経験に裏付けられたアドバイスや、「大丈夫ですよ」「頑張りましょう」等の温かい言葉に励まされ、合格までたどり着くことができたことに心より感謝を申し上げます。

(全文はこちら

 

Y.S.さん
Babson College
F.W. Olin Graduate School of Business
Two-Year MBA Program
Class of 2019

カウンセリングでは、エッセイ作成や学校の選択の前にキャリアの棚卸しや今後の目標を明確にしたことが非常に役に立ちました。私は田山さんに多くの時間を割いて頂いて、自分自身ではあまり意識することのない特徴を的確に指摘してもらうことで、ありのままの自分を効果的にアピールすることができました。また、起業のアイデアにもポジティブなアドバイスをくださったおかげで、より具体的なものへと仕上げることができ、私のエッセイのキラーコンテンツとなりました。これらがインタビューにおいても絶大な効果を発揮したことは言うまでもありません。

(全文はこちら

 

N.K.さん
University of Michigan
Ross School of Business
Full-Time MBA Program
Class of 2019

〇納得いくまで議論に付き合ってくださった:僕は自分で腹落ちして自分の言葉で話せるようになることを重視してエッセイ内容の構築に取り組みました。その分時間もかかりましたし、正直田山さんの言うことに速やかに従っていれば時間短縮になった気はしていますが、内容に深みが出た気がしています。これは、外国人カウンセラーとはなかなかできないですし、田山さんに根気強くアドバイスをいただいたおかげです。

〇嬉しかった思い出:Michigan Rossの合格通知の電話をアドミッションからいただいたときに、エッセイの内容を褒めていただきました。田山さんと一か月くらい集中して作り上げたエッセイだったので苦労が報われた気がしてとても嬉しかったです。

(全文はこちら

 

R.S.さん
MIT Sloan School of Management
MBA Program
Class of 2019

カウンセラはMITに合格した会社の先輩2人がFECを利用していたことを知り、田山さんにお世話になることになりました。エッセイに関しては、他の人には負けない、自信の持てるものが書けたと思います。それはやはり、日本語で深い議論をたくさんできたことが一番の理由だと思っております。アメリカ人のカウンセラは抽象的なコメントが多く、自分で考える負担が大きいですが、田山さんの場合は具体的なコメントや案まで出してくれて、答えが出るまで一緒に考えてくれました。多くの人が悩むネタ不足についても、田山さんはいろんな質問を投げかけてくれて、ネタを引き出してくれました。これにより、自分の気づかなかった強みがたくさん見つかり、自信にもなりました。またエッセイに限らず、どんな質問もメールで気軽にでき、早い回答を頂けるのも助かりました。1st roundで1校合格し、2ndで積極的にTOP校を狙いに行けたのも田山さんの助言によるものでした。

(全文はこちら

 

Tさん
Durham University Business School
Full-Time MBA Programme
Year of Study: 2017

履歴書から志望動機の掘り下げ等全て田山先生にお世話になりました。特に志望動機に関しては田山先生が色々と質問をしてくださりそれに答える形でアウトプットしていくことによって、「なぜMBAに行きたいのか」、「何を学び更に将来どうなりたいのか」等、自身の中で整理することもできたのでとても有意義でした。またMBAで求められる志望動機の書き方や、英語で伝わりやすいフレーズ、面接についてなど多岐に渡ってアドバイスをいただけたので非常に助かりました。その他留学に関する色々な相談に乗ってくださり、田山先生にはとても感謝しています。

(全文はこちら

 

H.T.さん
MIT Sloan School of Management
Sloan Fellows Program
Class of 2018

同僚に田山先生を紹介していただき、出願に向けたResume、Essay等の準備をはじめました。田山先生のカウンセリングの優れている点は、自分自身の過去と現在、そして将来について深く見つめることができる点です。つまり、会社に入ってからの業務経験と成果をもとに、人として何を身につけ、どう成長したのかをふりかえることができました。また、5年後、10年後の将来像について目標を定め、そのためにMBAで何を獲得し、目標とする自分に近づけていくのかを、体系的にかつ論理的に明文化することができました。日本語でのカウンセリングだからこそ、自分の考えをしっかりともつことができるようになったと思います。ResumeやEssayに書くのは、そのごく一部ですが、出願後のInterviewではEssayに書かれた内容だけでなく、自分自身の業務経験やスキルについて詳細に質問を受けるので、田山先生に引き出していただいた自分自身というものを、臆することなく説明できたことが、合格できた大きな要因だと思っています。

(全文はこちら

 

ありがとうございます!

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

 

MBA留学カウンセリング受講者募集中

~信頼できるカウンセラーは見つかりましたか?~

こんにちは。MBA留学カウンセラーの田山裕丈です。

現在、MBA留学カウンセリング受講者の皆さんを募集しています。

2020年9月入学のMBA留学を目指す皆さんが対象になります。

MBAだけではなく、公共政策、国際関係などの大学院を目指す皆さんにもご活用いただいております。

MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にお気軽にご参加いただければと思っています。

(Skype™、電話から選択していただくことが可能です。)

これまで、受講者の皆さんは、世界のトップスクールからの合格を勝ち取ってきました。

「受講者の皆さんは、MBA受験の壁を乗り越えることができれば、将来に向かって更なる飛躍を実現できるはず」と信じながら、1回1回のMBA留学カウンセリングを積み重ねてきました。

もちろん、TOEFL®iBTやGMAT®の目標スコアを獲得していないという理由で受講をお断りすることはありませんので、ご安心ください。

これからMBA留学を目指すあなたを応援しています。

目標に向かってお互いに頑張りましょう!

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

 

Future Education Centerの選択理由

○経営学修士(MBA)と教育学修士(MA)を持つ田山裕丈が直接担当

○世界のトップMBAプログラムも目指せる日本語のカウンセリング

○対話を通して考える機会を重視する柔軟な受講スタイル

 

 

MBA留学カウンセリングの特長

○15年以上にわたる業界経験からグローバルな出願ポートフォリオを構築可能

~北米、ヨーロッパ、アジアのMBA留学を支援しております~

○MBA留学準備の範囲を超えるキャリアカウンセリング

~独自のワークシートを活用したカウンセリング~

○ブレーンストーミングによる英文レジュメ内容構築

~バックグラウンドに応じた英文レジュメのスタイルをご提案させていただいております~

○フィードバックによる欧米スタイルの英文エッセイ内容構築

~エッセイ課題に応じて様々な英文エッセイのライティングスタイルを伝授しています~

○担当カウンセラーの田山裕丈MBA留学経験者

 ~MBA留学準備の経験者でもあります~

○コンテキストを重視する日本語のコミュニケーション

 ~日本語の対話により英語版ドラフトの内容を構築するという選択肢もあります~

○自由に選択できる受講スタイル

 ~Face-to-FaceとSkype™と電話とEメールから選択可能です~

○状況に応じて柔軟に予約できる受講予約システム

 ~午後9時00分以降の受講に関しても個別にご相談させていただいております~

○止むを得ない場合の直前キャンセル可能

 ~急な仕事などの場合にも安心です~

○1回あたりの受講料金は税込1万円台

 ~入会金はありません~

○受講有効期限までの解約届提出により未受講分の受講料金を全額返金

 ~状況に応じて受講回数を決定するという選択肢もあります~

 

 

Future Education CenterのMBA留学カウンセリング

~世界のトップMBAプログラムを目指せる日本語の内容重視のプログラム~

日本にはダイバーシティのある環境でのリーダーシップ教育の機会が限られているので、世界に貢献するリーダーを育成する海外のMBAプログラムへの参加を目指す皆さんの準備に少しでもお役に立つことができればという想いで、MBAを取得してから15年以上の期間にわたって、状況に応じて、創業者、経営者、カウンセラーなどの様々な役割を担当しながら、MBA留学カウンセリングを提供することにより、MBA留学準備の常識を変えることにチャレンジしてきました。

高価格のカウンセリングは珍しくないけれど、リーズナブルな受講料金で世界のトップMBAプログラムを目指せるクオリティを備えたカウンセリングを見つけることは簡単ではないため、MBA留学を目指す全ての皆さんが予算規模に左右されることなく同じ土俵でチャレンジできる環境の実現を目指して、MBA留学カウンセリングの改善を図ってきました。

1回あたりの受講料金を税込1万円台に設定するとともに、状況の許す場合には単位時間の50分を超えても流れを優先してカウンセリングの効果を重視することにより、受講者の皆さんが、自らの可能性を意識して自信を深め、自らの力でアプリカントとしての価値を適切に表現してビジネススクールの入学審査担当者に分かりやすく伝えることができるようになることが理想的であると考えています。

逆説的ですが、英語試験(TOEFL®、IELTS™など)と能力試験(GMAT®、GRE®など)の高得点のみで結果が決まる訳ではないため、ストラテジー(出願校選択)、プロセス(タイムマネジメント)、コンテンツ(コンセプト構築)の観点を考慮しながら、ことばの力を信じて日本語で対話するという一見すると遠回りに思える地道な内容重視のプロセスこそ、受講者の皆さんが世界のトップMBAプログラムから合格を勝ち取る可能性を更に高めるための鍵になると思います。

幸いにも、受講者の皆さんに恵まれ、結果として、受講者の皆さんが世界のトップスクールに合格しているという事実があります。

2020年のMBA留学を目指す皆さん、MBA留学準備の進展状況を考慮しながら、必要に応じて柔軟にMBA留学カウンセリングの活用をご検討ください。

最初のステップとして、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)に参加していただければと思っています。

今後とも目標に向かってお互いに頑張りましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

 

MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

米国留学(MBA留学)、英国留学(交換留学)、インド調査(MA論文リサーチ)などのアカデミックな経験、銀行勤務、会計事務所でのインターンシップ、起業などのビジネスの経験、および、体育会サッカー部、米国大学の日本同窓会などのコミュニティでの経験を持つ田山裕丈(トレーニングパートナーズ株式会社代表取締役)がMBA留学カウンセリングを担当しています。

 

MBA留学を目指す皆さんとMBAプログラムの架け橋として少しでもお役に立てるように、MBA留学準備の経験、MBA留学の経験、および、15年以上のMBA留学準備支援の経験を踏まえて、内容重視のMBA留学カウンセリングの可能性を模索しながら改善に取り組んできました。

 

たくさんありそうだけれど実は限られている、MBA留学経験者による日本語のMBA留学カウンセリングです。

 

 

「日本語」の対話により、「コンテキスト」を重視しながら、MBA留学準備の「全体最適」を意識したMBA留学カウンセリングを提供しています。

 

ことばを重視する11のコミュニケーションを通して、過去を振り返るとともに未来を展望しながら、Why MBA?Why MBA now?Why this school?などに関する洞察を深めることにより、受講者の皆さんが、適切な出願校を選択するとともに、自分のことばで自分の可能性を明確に表現できるようになることを目指しています。

 

もしあなたが日本で生まれ育ち日本語で仕事をしている日本人ならば、少なくともMBA留学準備の最初の段階においては、日本語のMBA留学カウンセリングを強くおすすめします。

 

 

受講者の皆さんとカウンセラーの関係は対等で、権威やしがらみにとらわれることなく、MBA留学カウンセリングを通して創造的なアイデアを分かち合えることが理想的であると思っています。

 

基本的には、ワークシートを活用しながらMBA留学準備を進めることを推奨しておりますが、実際には、キャリア分析、出願校の選択、出願書類の内容構築など、受講者の皆さんのご希望に応じてカスタマイズしています。

 

たとえば、エッセイの内容構築に関しては、「ブレーンストーミング」、「フィードバック」、「リードスルー」をはじめとする様々な方法により、「受講者の皆さんが表現するからこそビジネススクールの入学審査担当者に響くメッセージ」を発見するプロセスを支援しています。

 

ブレーンストーミングにより自由な発想でアイデアを出しながら可能性を探し、フィードバックにより他者評価を考慮しながら焦点を絞り、リードスルーにより読み合わせながら改善点を発見して内容を掘り下げるという流れになります。

 

そして、「書き言葉」によるレジュメやエッセイなどの出願書類の内容構築は、「話し言葉」によるインタビュー対策につながっていると考えています。

 

受講者の皆さんが、「考えて」、「意識して」、「表現する」ことにより、「簡潔」で、「一貫性」があり、「オリジナリティ」にあふれるメッセージが、出願先のビジネススクールの入学審査担当者に伝わることを目指しています。

 

 

大局的には、Future Education CenterMBA留学カウンセリングの存在意義は、受講者の皆さんが将来的に自分の可能性を最善の形で発揮できるように、MBA留学準備のプロセスを通して支援させていただくことであると考えています。

 

小さな民間教育機関ですが、既にMBA留学を実現されている元受講者の皆さんから、これからMBA留学を目指す皆さんをご紹介いただけることに心から感謝しています。

 

ありがとうございます。

 

 

近年、田山裕丈MBA留学カウンセリングを積極的に選択していただける機会が増加していることを実感しています。

 

インターネット上に氾濫するMBA留学準備に関する玉石混合の情報に振り回されないように、直接、あなたにとっての最善のMBA留学準備の方法を確認していただければと思っています。

 

特に、MBA留学準備に関するカウンセラーを探す場合には、過去の結果や評判などを過信することなく、あなたの考え方に合ったMBA留学準備の在り方を基準にすることが望ましいと考えています。

 

出願期限が近づいてから「もっと早く相談すればよかった」と後悔しないように、今すぐMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)に参加していただくことをご提案します。

 

英語試験(TOEFL®ibt、IELTS™など)、能力試験(GMAT®、GRE®など)の総合スコアが揃っていなくても大丈夫です。

 

これからMBA留学準備を本格的に開始する皆さんはもちろんのこと、リアプリカントとして再チャレンジする皆さんも歓迎します。

 

真剣にMBA留学を目指すあなたからのご連絡をお待ちしております。


MBA留学カウンセラー 田山裕丈

 

 

 

 

 

MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)

"What would you like to be in the future?"

 

あなたのキャリアはあなたのものだからこそ、進学先のビジネススクールは準備で決まってしまうので、「もっと早く相談すれば良かった」と後悔しないでほしいと思っています。

 

受講者の皆さんが本質的な強みを発揮して合格を勝ち取ることを目指して、ことばの力を信じながら、対話を通して考えるカウンセリングの機会を提供してきました。

 

もしかすると、あなたは、カウンセラーは誰でも同じと思っていませんか?

 

田山裕丈のMBA留学カウンセリングは、ストラテジー(出願校選択)、プロセス(タイムマネジメント)、コンテンツ(コンセプト構築)から構成される包括的なカウンセリングです。

 

日本語のコミュニケーションにより、受講者の皆さんのアプリカントとしての価値が伝わる簡潔で一貫性がありオリジナリティに溢れるメッセージを探求することが、世界のトップMBAプログラムから合格通知が届く可能性を更に高くすると考えています。

 

受講者の皆さんとカウンセラーとの間の信頼関係が最も重要であると考えており、田山裕丈のカウンセリングを受講していただいている皆さんのために最善を尽くしたいと思っています。

 

今ならば、MBA留学を目指していた頃の自分に「田山裕丈に相談してみたら?無料のMBA留学準備プライベートセミナーは試してみる価値があるよ。」と自信を持って伝えることができます。

 

特に、もしあなたが本気でエッセイの作成に取り組みたいと考えているならば、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)に参加して、お気軽にご相談いただければと思っています。

 

あなたにとって最善のMBA留学準備をご提案いたします。

 

世界のトップMBAプログラムを目指す皆さんはもちろんのこと、自分に合ったMBAプログラムのエッセイの書き方がわからなくてお悩みの皆さんにも、積極的にご活用いただければと思っています。

 

真剣にMBA留学を目指すあなたからのご連絡をお待ちしています。

 

目標に向かってお互いに頑張りましょう!

 

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

 

○概要

対象者 2020年のMBA留学を目指す皆様
セミナー内容

MBA留学準備全般に関するご相談

・出願校について
・試験対策について

・出願準備スケジュールについて

(あなたのMBA留学準備の状況に応じてカスタマイズいたします。)

 

ご希望の場合には、MBA出願戦略セミナーとしてご活用いただくことも可能です。

・世界のトップスクールからの合格を勝ち取る可能性を更に高めるために重要なこと

・ビジネススクールの入学審査担当者の心に響く可能性を更に高めるエッセイを作成するために重要なこと

・キャリアゴールの実現につながる可能性を更に高める出願校を選択するために重要なこと

(「お問合せ・お申込みフォーム」の「メッセージ欄」にご希望の内容をご記入ください。)

カウンセラー 田山裕丈 (トレーニングパートナーズ株式会社 代表取締役)
お申込み方法

お問合せ・お申込みフォーム」から、ご希望の日時をご記入の上、
ご連絡をお願いいたします。

 

○開催日時

開催日

開始日時

随時

(先着順)

平日:14時00分~、18時00分~、19時00分~、20時00分~

土・日・祝日:13時00分~、15時00分~、16時00分~

上記以外の開催日時をご希望の場合には、ご希望の日時をメッセージ入力欄にご記入ください。

 

既にMBA留学カウンセリングなどのご予約のある場合など、ご希望に沿うことのできない可能性がございます。

また、直前(ご希望の開催日時から72時間以内)のお申込みの場合には、スケジュールの再調整が必要になる可能性がございます。

どうぞ予めご了承ください。

 

事前にご送付いただける場合にはレジュメおよびキャリアゴールに関するエッセイを拝読いたしておりますので、ご希望の場合には、「お問合せ・セミナーお申込みフォーム」のメッセージ入力欄よりお気軽にお伝えいただければと思っております。

 

Skype™によるMBA留学準備プライベートセミナーをご希望の場合には、「セミナーお申込みフォーム」のメッセージ入力欄にてお伝えください。

基本的には、Skype™のご希望の記載のない場合には、電話によりMBA留学準備プライベートセミナーを開催させていただいております。

どうぞご理解いただければ幸いです。

 

 

お問合せ・予約フォームはこちら

 

 

Future Education Centerとは?

 

Future Education Centerは、ビジネススクール、公共政策大学院、国際関係大学院などへの進学を目指す社会人の皆さんの留学準備を支援する民間教育機関です。

 

受講者の皆さんの留学準備の状況に応じて、カウンセリングの内容をカスタマイズさせていただいております。

 

日本人カウンセラーによる日本語のカウンセリングになりますが、受講者の皆さんから、ハーバード大学をはじめとする世界のトップスクールの合格に関するご報告が届いています。

 

今、真剣に留学準備を進めている皆さん、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加ください。

 

今後とも目標に向かってお互いに頑張りましょう。

 

MBA留学カウンセラー 田山裕丈