MBA留学カウンセリング
Future Education Center
MBA留学 Future Education Center
MBA留学カウンセリング
HOME » カウンセリング » カウンセリング徹底活用法

MBA留学カウンセリング徹底活用法

Future Education CenterのMBA留学カウンセリングをより効率的かつ効果的にご活用いただくために、1.受講前にご相談の内容を準備すること、2.エッセイの指定文字数を意識すること、3.疑問点のある場合には理由を確認すること、に関してご提案いたします。

1.受講前にご相談の内容を準備すること

各回の受講前にご相談の内容を準備することをお勧めいたします。

このことにより、MBA留学カウンセリングの際に、ご相談の内容の重複と漏れを回避しながら、疑問点の解決または今後の方針の決定ができるため、着実にMBA留学準備を進めることができるようになります。

(ご相談の内容によっては、後日改めてご回答させていただく場合がございます。どうぞご了承ください。)

2.エッセイの指定文字数を意識すること

ビジネススクールから指定されているエッセイの文字数を意識しながら英語版のドラフトを準備することをお勧めいたします。

このことにより、MBA留学カウンセリングの際に、エッセイの形式にとらわれることなく、エッセイの内容に集中することができるため、円滑にエッセイの準備を進めることができるようになります。

(止むを得ず文字数がオーバーする場合には、指定文字数の120%を上限とするドラフトをご準備いただければと思います。なお、エッセイの内容に関して複数の選択肢のある場合には、最も適切であると思われる内容に基づいてドラフトを作成するとともに、その他の選択肢に関する箇条書きのリストを準備して、どうぞお気軽にご相談ください。)

3.疑問点のある場合には理由を確認すること

疑問点のある場合には理由を確認することをお勧めいたします。

このことにより、MBA留学カウンセリングの際に、カウンセリングの内容を鵜呑みにすることなく、自分にとって最も適切な判断を行うことができるようになります。

(場合によっては、カウンセリングの内容は、反対意見として、自分の考えをこれまで以上に明確にするためのきっかけになる可能性がございますことを予めご理解いただければ幸いです。)