MBA留学カウンセリング
Future Education Center
MBA留学 Future Education Center

MBA留学カウンセリング最新情報

メイン

【プログラム】

2017年8月 8日

夏休み期間のMBA留学カウンセリングの残席状況について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

現時点における、夏休み期間(2017年8月11日(金・祝)から8月20日(日)まで)のMBA留学カウンセリングの残席状況をお伝えいたします。
どうぞご確認いただければ幸いです。

8月11日(金・祝) 残席なし
8月12日(土)   残席あり
8月13日(日)   残席あり
8月14日(月)   残席なし
8月15日(火)   残席なし
8月16日(水)   残席なし
8月17日(木)   残席なし
8月18日(金)   残席なし
8月19日(土)   残席なし
8月20日(日)   残席あり

受講者の皆さんによるご予約などにより、変更になる可能性がございます。
どうぞ予めご了承ください。

夏休み期間は、平常通り営業いたします。
2018年のMBA留学を目指す皆さん、もしよろしければ、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただければと思っております。
英語試験(TOEFL®、IELTS™)や能力試験(GMAT®、GRE®)の準備中の皆さんも歓迎いたします。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2017年8月 1日

大学院留学準備に関するカウンセリングについて

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerは、MBA留学準備とともに、大学院留学準備のためのカウンセリングも提供しております。

受講者の皆さんが大学院に出願することは珍しいことではありませんので、お気軽にご相談いただければと思っております。

MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)のお申込みの際に、お問合せ・セミナーお申込みフォームのメッセージ入力欄に「大学院留学希望」とご記入いただければ幸いです。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2017年7月21日

1st Round出願を目指す皆さんへのご提案について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

1st Round(2017年9月頃)出願を目指す皆さんに、夏休み期間中(2017年8月11日(金・祝)から2017年8月20日(日)まで)の短期集中型のMBA留学カウンセリングをご提案いたします。
MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加の上、ご検討いただければと思っております。

なお、現時点において、1st Round出願のためのMBA留学カウンセリングに関しては、残席わずかになっております。
状況により、ご希望に沿うことのできない可能性がございますことをどうぞ予めご了承ください。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2017年6月19日

1st Round出願のためのMBA留学カウンセリングの残席について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

2018年秋入学を目指す皆さんを対象とする、1st Round(2017年9月~)出願のためのMBA留学カウンセリングの残席は残り僅か(若干名様分)になっております。

田山裕丈のMBA留学カウンセリングの受講をご希望の場合には、お早目にMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞご参加ください。

なお、現時点において、2nd Round(2018年1月~)出願のためのMBA留学カウンセリングに関しては、余裕がございます。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2017年5月24日

MBA留学カウンセリングの受講スケジュールに関して

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

MBA留学カウンセリングの受講スケジュールに関しては、留学形態、準備期間、予算規模など、受講者の皆さんの状況に応じて個別にご提案させていただいております。

基本的には、お互いに確認しながら、必要に応じて柔軟にご活用いただければと思っております。

ご参考までに、今回は、Future Education Centerのウェブサイトに掲載しているMBA留学カウンセリングの第1回から第5回までの受講スケジュールに関して、3つの選択肢をご案内いたします。

1:標準型

第1回 キャリア分析
第2回 レジュメ内容構築
第3回 キャリアゴール設定
第4回 Why MBA?
第5回 出願戦略

標準型は、個人参加の受講者の皆さんにお勧めです。第1回で過去から現在までの流れを振り返り、第2回で過去から現在までの流れを要点にまとめ、第3回で現在から未来を見渡し、第4回で過去から未来までの流れに基づいてMBA留学が必要な理由を考えて、第5回で出願校候補を選定するスタイルです。理想的には、個人参加の皆さんには、ブレーンストーミングにより、自分自身に関する理解を更に深めていただくとともにMBA留学との位置関係をより明確に意識していただくことが望ましいと思っております。

2:短期集中型

第1回 キャリア分析、レジュメ内容構築、キャリアゴール設定、Why MBA?、出願戦略

短期集中型は、企業派遣の受講者の皆さんにお勧めです。第1回で過去から現在までを振り返るとともに、現在から未来までを見渡して、出願校候補の選定を含む今後の方針を明確にするプロセスを一気に進めるスタイルです。理想的には、企業派遣の皆さんには、ブレーンストーミングにより、社内選考の範囲を超える更に幅広い観点から、自分の現在地を確認していただくことが望ましいと思っております。

3:期間区分型

第1回 キャリア分析、レジュメ内容構築
第2回 キャリアゴール設定、Why MBA?
第3回 出願戦略

短期区分型は、個人参加、企業派遣を問わず、特別な理由のある場合にお勧めです。第1回で過去から現在までを振り返って要点をまとめ、第2回で現在から未来を見渡すとともにMBA留学が必要な理由を考えて、第3回で出願校候補を選定するというスタイルです。理想的には、ブレーンストーミングにより、キャリアゴールを明確にしてから出願校を選定していただくことが望ましいと思っております。

なお、実際には、出願校は既に決定しているので出願戦略は不要な場合、ワークシートを使用することなくエッセイのドラフト作成を開始する場合など、様々な場合があります。

あなたのMBA留学準備の状況に応じて、お気軽にご相談いただければと思っております。
もしよろしければ、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加ください。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2017年3月31日

トレーニングパートナーズ株式会社創業10周年記念キャンペーン!(第2弾)のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

トレーニングパートナーズ株式会社創業10周年記念キャンペーン!(第2弾)として、2017年4月1日から2018年3月31日までの期間限定で、MBA留学カウンセリングの1回あたりの受講時間を最長50分から60分に変更いたします。

明日からの1年間、MBA留学カウンセリングは、1回あたりの受講料金のみならず、1時間あたりの受講料金に関しても税込2万円未満になります。

トレーニングパートナーズ株式会社創業10周年記念キャンペーン!(第1弾)と合わせてご活用いただければと思っております。

2017年、2018年、2019年のMBA留学を目指すあなた、今すぐMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加ください。
真剣にMBA留学を目指すあなたからのご連絡をお待ちしております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2017年2月21日

MBA留学カウンセリングの解約期限日に関するご案内

Future Education Center受講者の皆様

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

事務的なことで恐縮ですが、Future Education Center受講者の皆様より2016年4月1日から2017年3月31日までの間にお申込みいただきましたMBA留学カウンセリング等の各種プログラムの解約期限日は、2017年3月31日(日本時間)となります。なお、その他の特別プログラムの解約期限日は、個別に設定させていただいております。

MBA留学準備の終了などの理由により、2016年4月1日から2017年3月31日の間にお申込みいただきましたMBA留学カウンセリング等の各種プログラムの受講料金の払い戻しをご希望の場合には、Future Education Center受講予約システムにおいて、MBA留学カウンセリング解約届をダウンロードして必要事項をご記入の上、解約期限日の2017年3月31日(日本時間)必着にてスタッフ(担当:田山)までEメールにてご連絡をお願いいたします。(お手数ですが、Eメールの添付ファイルにて、MBA留学カウンセリング解約届のご送付をお願いいたします。)2017年3月31日(日本時間)必着のため、時間の余裕を持って(もし可能ならば、2017年3月24日までに)MBA留学カウンセリング解約届をご送付いただくことを強くお勧めいたします。理由の如何に関わらず、解約期限日以降の受講料金の払い戻しには応じかねますことをどうぞ予めご了承ください。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2017年1月20日

トレーニングパートナーズ株式会社創業10周年記念キャンペーン!のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

おかげさまで、Future Education Centerを運営するトレーニングパートナーズ株式会社は2017年4月に創業10周年を迎えます。

全ての受講者の皆さんに心から感謝しております。

トレーニングパートナー株式会社創業10周年記念キャンペーン!として、2017年4月1日から2017年6月30日まで、あなたがご希望の場合には、MBA留学カウンセリング(受講料金:税込19,440円/回)において、受講当日に連続して最長3倍の時間(最長150分=最長50分×3回)をご活用いただける機会を提供いたします。

MBA留学カウンセラーとして、田山裕丈は、MBA留学準備の常識を変えることにより、圧倒的なコストパフォーマンスを目指し続けてきました。

話しことばによる双方向のコミュニケーションを通してMBA留学を目指す受講者の皆さんに「考える機会」を提供するために、GMAT®本試験対策の集合授業にできるだけ近い受講料金でMBA留学カウンセリングの個別相談を実現したいという長年の想いを、感謝の気持ちとともに形にしました。

2016年-2017年シーズンには、MIT(Massachusetts Institute of Technology)、CMU(Carnegie Mellon University)などの合格に関するお知らせが受講者の皆さんから届き始めています。

ビジネススクールの入学審査担当者が決定することなので、出願結果の保障をすることはできないのですが、合格通知があなたに届くように一生懸命頑張ることを約束いたします。

2018年秋入学のMBA留学を目指すあなた、1st Roundの出願期限まで約240日、2nd Roundの出願期限まで約360日しかありません。

MBA留学準備の早期からMBA留学カウンセリングを受講を開始することにより、ビジネススクールのリサーチやインタビューを視野に入れた出願準備の全体最適を考慮しながら準備を進めるという選択肢を前向きにご検討いただければと思っております。

レジュメの準備により過去から現在までの流れを振り返るとともにキャリアゴールのエッセイの準備により未来を展望すること、そして、MBA留学にチャレンジする理由を明確にすることにより、あなたに合ったビジネススクールを探してみませんか?

最初のステップとして、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞご参加ください。

もちろん、2017年4月を待つことなく、今すぐMBA留学カウンセリングの受講を前向きにご検討いただける場合にも、お気軽にご相談いただければと思っております。

英語試験(TOEFL®、IELTS™など)や能力試験(GMAT®、GRE®など)の点数により、MBA留学カウンセリングの受講をお断りすることはございませんのでご安心ください。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2016年11月14日

MBA留学カウンセリング新規お申込みの一時停止について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

弊社の事情にて恐縮ですが、現在の混雑状況が2017年1月中旬頃まで続く可能性があることから、MBA留学カウンセリングのクオリティ維持のため、新規受講のお申込みを一時停止させていただきます。
どうぞご了承ください。

もちろん、現在の受講者の皆さんによる継続受講のお申込み、および、現在検討中の皆さんからの新規受講のお申込みに関しては、引き続き受付いたしますのでご安心ください。

また、元受講者の皆さんなどによるご紹介の場合には、可能な限り、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)のスケジュールを調整いたしますので、セミナーお申込みフォームより遠慮なくご連絡いただければと思っております。

なお、MBA留学カウンセリングの新規お申込みは、2017年1月中旬頃の再開を予定しております。
恐れ入りますが、もうしばらくの間お待ちいただければ幸いです。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2016年8月31日

2nd Round出願のためのMBA留学カウンセリングの残席について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

弊社の事情にて恐縮ですが、現在、MBA留学カウンセリングのクオリティ維持のため、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を限定的に開催させていただいております。

2016年9月に関しては、前半は混雑状況が続くものの、後半は少し落ち着くと予想しております。

現時点において、2017年秋入学を目指す皆さんを対象とする2nd Round(2017年1月~)出願のためのMBA留学カウンセリングに残席はございますが、出願期限までの期間を考慮すると、シルバーウイーク(2016年9月17日(土)~2016年9月19日(月・祝))頃から、MBA留学カウンセリングの受講を開始することをご提案いたします。

最初のステップとして、お早目にMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞご参加ください。

出願書類(レジュメ、エッセイなど)の準備を本格的に進めるためにカウンセラーを探しているあなたはもちろんのこと、「出願準備を開始したけれど他のカウンセラーとの相性が良くない・・・」、「英語試験(TOEFL®、IELTS™など)や能力試験(GMAT®、GRE®など)のスコアが伸びない・・・」、「他社のカウンセリングは高価過ぎて躊躇してしまう・・・」など、これからのMBA留学準備について悩んでいるあなたにもご参加いただければと思っています。

真剣にMBA留学を目指すあなたからのご連絡をお待ちしております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈


2016年7月21日

1st Round出願のためのMBA留学カウンセリングの受付終了について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、2017年秋入学を目指す皆さんを対象とする、1st Round(2016年9月~)出願のためのMBA留学カウンセリングの受付を終了させていただきます。

但し、特別な理由がある場合には、ご遠慮なくご相談いただければと思っております。

可能な限り、私の方でスケジュールを調整いたします。

なお、2nd Round(2017年1月~)出願のためのMBA留学カウンセリングの受付は継続しております。

お早目にMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただければと思っております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2016年7月 5日

1st Round出願のためのMBA留学カウンセリングの残席について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

2017年秋入学を目指す皆さんを対象とする、1st Round(2016年9月~)出願のためのMBA留学カウンセリングの残席は残り僅か(若干名様分)になっております。

田山裕丈のMBA留学カウンセリングの受講をご希望の場合には、お早目にMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞご参加ください。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2016年5月10日

レジュメの完成度について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

一般的に、MBA留学を実現するためには、レジュメの提出が必要になります。

特に、欧米のトップスクールに出願する場合には、激しい競争があるため、完成度の高いレジュメを作成することが重要です。

レジュメの完成度は、定量的に測定されるのではなく、定性的に評価されることなのでわかりにくいかもしれません。

しかし、良いレジュメと悪いレジュメの違いは確かに存在すると思います。

良いレジュメは、過去から現在までの主体的な行動が実績とともに適切に表現されています。

結果として、出願者の特長がイメージできるのです。

悪いレジュメは、過去から現在までの一般的な活動が結果の記載なく形式的に表現されています。

そのため、出願者の特長がイメージできないのです。

それでは、良いレジュメを作成するためには、どのようにレジュメに関する作業を進めることが良いのでしょうか?

ビジネススクールの入学審査担当者に伝えたいアプリカントの価値の観点から、これまでの歩みを振り返ることにより、事実に基づいて自分の強みを適切に表現することが望ましいと思います。

また、文字の大きさや余白の設定などのデザインにも留意することにより、限られたスペースを効果的に活用することを検討することも大切です。

最新情報を追加する可能性を踏まえつつ、継続的に改善を図るプロセスを重視しながら、完成度を更に高めることをお勧めします。

最終的には、自分らしさが表現できているという手応えをつかんだ上で、出願することが理想的です。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2016年3月 2日

MBA留学カウンセリングの活用スタイルについて

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

一般的には、田山裕丈によるMBA留学カウンセリングの活用スタイルに関しては、受講者の皆さんには3つの選択肢があると思っています。

1:標準スタイル

カウンセラー1(メイン):田山裕丈
カウンセラー2(サブ):他社の外国人講師

MBA留学経験者とともに日本語でMBA留学準備を進めることを希望する皆さんのための選択肢です。

日本語の方が広く深く検討することができるから、日本人のMBA留学カウンセラーとともに日本語でしっかり考えながら進めたい皆さんには、この選択肢がおすすめです。

特に、英語力に自信がないので英語だと表面的な内容に終始してしまうことが心配、日本語で徹底的に考えて自分だからこそ表現できるメッセージを探したい、日本語のフィードバックを参考にしながらエッセイの内容の更なる充実を図るとともにインタビューの準備につながるように自分の考えをまとめたい、と考える皆さんには前向きにご検討いただければと思います。

MBA留学準備に関するワークシート(自己分析、キャリア分析、キャリアゴール設定、Why MBA?、Why this school?など)に関してのみならず、出願書類(レジュメ、エッセイなど)に関しても英語版ドラフトの内容が決まるまでご相談いただくことが可能です。

もちろん、出願書類に関しては、日本語版のドラフトはもちろんのこと、英語版のドラフトに基づいて日本語でご相談いただくこともできます。

そして、英語の形式を整えるための他社の外国人講師によるプルーフリーディングを経て出願することを目指します。

2:役割分担スタイル

カウンセラー1(前半):田山裕丈
カウンセラー2(後半):他社の外国人講師

自分の考えが明確になるまでは日本語でMBA留学準備を進めることを希望する皆さんのための選択肢です。

特に、最初から英語で相談することは心配、日本語でMBA留学準備の感覚をつかみたい、出願書類は納得できる内容になるまで日本語で作成したい、と考える皆さんには前向きにご検討いただければと思っています。

MBA留学準備に関するワークシートに関して、または、出願書類に関して日本語版ドラフトの内容が決まるまで、ご相談いただくことが可能です。

もちろん、出願校により日本語でのMBA留学カウンセリングの範囲を変更することもできます。

そして、他社の外国人講師によるコンサルティングにより英語版の出願書類の完成を目指します。

3:セカンドオピニオンスタイル

カウンセラー1(メイン):他社の外国人講師
カウンセラー2(サブ):田山裕丈

セカンドオピニオンとして、日本語でのMBA留学カウンセリングを活用することを希望する皆さんのための選択肢です。

特に、英語でのコミュニケーションがうまくできないがどうしてよいか分からない、見解の相違が表面化してきたがどうしたらよいか分からない、出願書類に関する第三者の見解を知りたい、と考える皆さんには前向きにご検討いただければと思っています。

必要に応じて、出願校の選定に関して、または、出願書類の英語版ドラフトに関して、日本語でご相談いただくことが可能です。

もちろん、出願校により、日本語のMBA留学カウンセリングの範囲を変更することもできます。

そして、他社の外国人講師によるコンサルティングにより英語版の出願書類の完成を目指します。

基本的には、MBA留学カウンセリングは受講者の皆さんのご希望に応じてカスタマイズさせていただいておりますので、お気軽にお伝えいただければと思っております。

Future Education Centerでは、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を開催しております。
「セミナーお申込みフォーム」より、ご希望の日時をお伝えいただければと思っております。
2017年度のMBA留学を目指す皆さんのご参加をお待ちしております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2016年2月24日

MBA留学カウンセリングの限界について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

受講者の皆さんに建設的な機会としてご活用いただくために、MBA留学カウンセリングの改善を重ねてきました。

これからMBA留学を目指す皆さんにとって、MBA留学準備に関する前向きな選択肢の一つとしてご検討いただくことを目指しています。

しかし、以下の通り、MBA留学カウンセリングには克服できない限界があると思っています。

1:相性が良くない可能性があること

MBA留学カウンセリングの特徴は、受講者の皆さんに教えることではなく、受講者の皆さんに自らの長所を発見していただくことにあると思っています。

そのため、MBA留学準備に関する知識を教えてもらうことのみを期待する場合には、自分で考える機会を提供しているMBA留学カウンセリングとは相性が良くない可能性がございます。

受講者の皆さんの負担を軽減したいという気持ちはあるのですが、MBA留学準備における考えることの重要性をご理解いただけると有り難いです。

2:対応が難しい可能性があること

即興のリアクションではなく、可能な限り、受講者の皆さんに事前準備に基づいたフィードバックを提供できればと考えています。

そのため、直前に書類をご送付いただく場合には、十分な事前準備が難しいこためにMBA留学カウンセリングの機会を十分にご活用いただくことが難しい可能性がございます。

受講者の皆さんが多忙を極めていることは理解しており心苦しいのですが、時間の余裕を持って書類をご送付いただくことをお願いしております。

3:合格を保障できないこと

MBAプログラムの入学審査はビジネススクールの入学審査担当者により行われるため、本質的に、受講者の皆さんの合格を保障することができないという限界を認識しています。

そのため、理想と現実の差が大きいと思われる場合には、次善の策として、リスクヘッジの選択肢に関してご相談させていただくことがございます。

受講者の皆さんの希望を叶えたいという想いはあるのですが、厳しい状況に直面する場合には、実際の状況を踏まえたMBA留学準備の進め方に関してご検討いただいております。

基本的には、MBA留学を目指す全ての皆さんに一律に応用可能な合格の方程式は存在しないと思っています。

反対に、常識では難しいと思われる場合にも、他者には真似することの難しいカスタマイズされたMBA留学準備により、合格することはあり得ると考えています。

特に、世界のトップスクールを目指す場合には、過去の実績や世間の評判に惑わされることなく、現在の状況や自分の判断基準に基づいて、価値を創造する新規事業のように試行錯誤しながら前進することが重要であると思っています。

MBA留学カウンセリングには限界がありますが、幸いにも、これまでのところ、受講者の皆さんに恵まれて感謝しております。

一般論になりますが、MBA留学カウンセリングと相性が良い可能性が高いと思われるのは、チームのために行動できる皆さん、クリエイティブな考え方が好きな皆さん、真剣に勉強したいと考えている皆さんです。

Future Education Centerでは、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を開催しております。
2017年度のMBA留学を目指す皆さんのご参加をお待ちしております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2015年11月24日

エッセイの完成度について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

一般的に、MBA留学を実現するためには、ビジネススクールから要求されるエッセイ課題の提出が必要になります。

特に、欧米のトップスクールに出願する場合には、激しい競争があるため、完成度の高いエッセイを作成することが重要です。

エッセイの完成度は、定量的に測定されるのではなく、定性的に評価されることなのでわかりにくいかもしれません。

しかし、良いエッセイと悪いエッセイの違いは確かに存在すると思います。

そして、その違いは決して小さくはないと思います。

良いエッセイは、簡潔で、一貫性があり、オリジナリティがあります。

結果として、出願者の特長がイメージできるのです。

悪いエッセイは、他の人でも同じような内容を書けるのではないかというくらい表面的な内容に終始しています。

そのため、出願者の特長がイメージできないのです。

それでは、良いエッセイを作成するためには、どのようにエッセイに関する作業を進めることが良いのでしょうか?

自分のこれまでの歩みを振り返り、将来を展望して、MBA留学を目指す理由について確認するというプロセスを通して、現在の自分に関する認識を深めることから開始することが望ましいと思います。

そして、出願ポートフォリオの作成により出願校を決定して、出願校から出題されるエッセイ課題を確認します。

一般的には、エッセイ課題に適切に回答するために、「自分で考える」、「リサーチを行う」「フィードバックを受ける」ことを繰り返しながら推敲を重ねることが望ましいと思います。

自分で考えることは重要です。

自分が伝えたいメッセージが適切に表現されるエッセイを作成するためには、自分で考えることが鍵になります。

リサーチも大切です。

もし可能ならば、キャンパスビジット、MBA関連イベント、学校説明会などに参加することが望ましいと思います。

特に、「Why MBA?」や「Why this school?」のエッセイに関しては、MBAプログラムについて理解することなく完成度の高いエッセイを作成することは難しいです。

フィードバックを受けることも検討に値すると思います。

自分とは異なる視点からのフィードバックは、エッセイの改善点について考える機会を持つことにつながる可能性があります。

しかし、基本的には、フィードバックに流されることなく、自分の価値観を基準にして自分で判断することが大切です。

最終的には、自分らしさが表現できているという手応えをつかんだ上で、出願することが理想的です。

余談ですが、完成度が高いエッセイを作成するためには、早い時期からエッセイの作成を開始することが大切です。

出願期限までの時間をできるだけ長く確保した上で、頭で考える「検討」、手を動かす「作業」、何もしない「熟成」の適切なバランスをとりながら、エッセイを作成することをおすすめします。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2015年11月18日

EメールによるMBA留学カウンセリングが存在しない理由について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerには、基本的には、EメールによるMBA留学カウンセリングがありません。

非言語コミュニケーションの影響が限定的な遠隔教育スタイルだからこそ、言語コミュニケーションの要素を重視しています。

特に、双方向のコミュニケーションにより、「意識」、「背景」、「流れ」の観点を大切に考えています。

「意識」

電話などによるMBA留学カウンセリングにおいて、受講者の皆様による話しことばの内容が、エッセイのドラフトにおいて表現されている書きことばの内容とは異なることがあります。

このような状況において、EメールによるMBA留学カウンセリングでは、書きことばで表現されているエッセイなどのドラフトの内容に基づいてフィードバックをさせていただくことしかできないので、相違点を発見することは難しいと思われます。

他方、電話によるMBA留学カウンセリングでは、書きことばと話しことばの間の違いが存在する原因をお伺いすることにより、受講者の皆様に望ましい次のステップを発見していただける可能性がより高くなります。

受講者の皆様が意識していることを大切にしながら、MBA留学カウンセリングを受講していただくことを目指しています。

「背景」

MBA留学カウンセリングの事前準備の際に、受講者の皆様からご送付いただいたエッセイなどのドラフトにおいて、論理構成上の理由などにより、表現される書きことばの意味が伝わりにくいことがあります。

このような状況において、EメールによるMBA留学カウンセリングでは、書きことばで表現されているエッセイなどのドラフトの内容の他には情報が限られるため、正確な理解に基づいてフィードバックさせていただくことは難しいと思われます。

他方、電話などによるMBA留学カウンセリングでは、書きことばの背景をお伺いすることにより、受講者の皆様に論点を整理していただける可能性がより高くなります。

受講者の皆様が表現したい内容の背景を大切にしながら、受講者の皆様にMBA留学カウンセリングを受講していただくことを目指しています。

「流れ」

電話などによるMBA留学カウンセリングの際に、受講者の皆様の次回のMBA留学カウンセリングまでに準備する内容と方法が明確になっていないと思うことがあります。

このような状況において、EメールによるMBA留学カウンセリングでは、一方通行のコミュニケーションになるために、次回のMBA留学カウンセリングまでの準備に関する共通理解を図ることが難しいと思われます。

他方、電話などによるMBA留学カウンセリングでは、次回のMBA留学カウンセリングまでの準備内容とともに、必要に応じて準備のプロセスに関してもご相談いただける可能性がより高くなります。

受講者の皆様のMBA留学準備の流れを大切にしながら、受講者の皆様にMBA留学カウンセリングを受講していただくことを目指しています。

「意識」、「背景」、「流れ」を重視しているため、Future Education Centerには、基本的には、EメールによるMBA留学カウンセリングがありません。

どうぞご理解いただければ幸いです。

なお、誤解のないように申し上げますと、EメールによるMBA留学カウンセリングは前向きな選択肢の一つであると思います。

特に、エッセイなどのドラフトのプルーフリーディングにおいては有効な選択肢の一つであると思います。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2015年11月 3日

MBA留学準備の常識を変えるMBA留学カウンセリングのご案内

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

MBA留学を取り巻く環境が大きく変化しているにもかかわらず、MBA留学に挑戦するたくさんの日本人が、一昔前のMBA留学準備に関する常識に流されている可能性があると思っています。

Future Education Centerは、民間教育機関として、MBA留学カウンセリングの提供を通して、以下の通り、MBA留学準備の常識を変えることを目指しています。

第1に、MBA留学準備は、出願書類の作成から開始するよりも、英語試験や能力試験の対策から開始することが望ましいという常識を変えたいと思っています。

一般的に、英語試験や能力試験において高得点を獲得することが重要だから、MBA留学準備は、TOEFL®ibtやGMAT®のスコアメイクから開始することが良いといわれることがあります。

本当にそうでしょうか?

確かに、英語試験や能力試験は大切です。

MBA留学は、英語を学ぶ機会ではなく、英語でビジネスを学ぶ機会です。

そのため、英語を母語としない日本人にとって、ビジネススクールから要求される英語試験の最低基準点を獲得することは必要です。

また、アメリカ人をはじめとする世界中の出願者が受験する能力試験において、「世界選抜チーム」に選ばれるに値する能力を証明することも重要です。

しかし、MBAプログラムの入学審査において、出願者は総合的に評価されます。

英語試験や能力試験に専念することにより、出願書類の作成がおろそかになることは機会損失になりかねません。

一見すると、「ビジネススクール」や「MBAプログラム」はどこでも同じように見えるかもしれませんが、実際には、それぞれのビジネススクールには特徴があり、自分に合ったビジネススクールを発見することがMBA留学の機会を最大限に活用するための鍵になるといっても過言ではないと思います。

そのため、出願書類の作成の際に必要になる「Why MBA?」、「Why this school?」に関しては、MBA留学準備の最初から準備を開始することが望ましいと思います。

出願書類の作成も、英語試験や能力試験も大切です。

現時点ではなく、出願時における全体最適を意識することが重要です。

第2に、日本語のカウンセリングを選択するよりも、英語のカウンセリングを選択する方が望ましいという常識を変えたいと思っています。

一般的に、レジュメやエッセイは英文の書類なので、日本語のカウンセリングよりも、英語のカウンセリングを選択することが良いといわれることがあります。

本当にそうでしょうか?

確かに、英語によるカウンセリングには長所があります。

特に、十分な英語力のある出願者は、英語を母語とする出願者と同様に、英語のレジュメやエッセイのドラフトを作成して、英語によるフィードバックを受けて、英語のレジュメやエッセイを完成させることができます。

英語試験において高得点を獲得した出願者による、英語のカウンセリングの機会を活用したトップスクールの合格体験記は広く知られています。

十分な英語力(特に、TOEFL®ibtにおける総合スコア110点以上)の出願者の場合には、英語のカウンセリングを前向きに検討することが望ましいと思います。

しかし、英語のカウンセリングが最善の選択肢であるとは限らないと思います。

特に、英語力に心配を抱える出願者が英語のカウンセリングの機会を活用する場合には、表面的なコミュニケーションに終始することにより、英文の形式はしっかりしているけれど内容が伴わないエッセイのドラフトに終始する状況に陥る可能性があると思われます。

エッセイのドラフトに表現される内容と実際に表現したい内容の間に相違があり、簡潔で、一貫性があり、オリジナリティのあるエッセイを作成するための鍵を見つけることが難しい場合には注意が必要です。

実際には珍しいことではないのですが、英語のカウンセリングによりMBA留学準備が順調に進まなかった失敗体験談はあまり知られていません。

英語力に心配を抱える出願者(たとえば、TOEFL®ibtにおける総合スコア100点未満、または、ListeningとSpeakingの合計スコアが50点未満)には、英語のカウンセリングよりも日本語のカウンセリングを前向きに検討することが望ましいと思います。

英語力により、英語のカウンセリングを選択することが良い場合もあれば、日本語のカウンセリングを選択することが良い場合もあると思います。

第3に、遠隔教育スタイルのカウンセリングよりも、対面式のカウンセリングの方が望ましいという常識を変えたいと思っています。

一般的には、カウンセラーに直接会って相談することができるので、対面式のカウンセリングの方が望ましいといわれることがあります。

本当にそうでしょうか?

確かに、対面式のカウンセリングには良さがあります。

特に、安心感があることは、対面式のカウンセリングの特長の一つであると思います。

実際にカウンセラーに会って相談できないと安心できない場合には、対面式のカウンセリングを前向きに検討することが良いと思います。

しかし、遠隔教育スタイルのカウンセリングにも良さがあります。

特に、レジュメやエッセイのドラフトに焦点を当てることができることは、遠隔教育スタイルのカウンセリングの特長の一つであると思います。

第一印象の良い印象が強すぎるなどの非言語コミュニケーションのバイアスを軽減しながら、ドラフトに表現される書きことばの内容を考慮しながら話しことばによる言語コミュニケーションに集中することは、出願書類の作成においては有効な方法であると思っています。

言語コミュニケーションに集中することの価値を理解できる場合には、遠隔教育スタイルのカウンセリングを前向きに検討することが良いと思います。

第4に、効果を優先するよりも、効率を優先して出願書類の作成を進めることが望ましいという常識を変えたいと思っています。

一般的に、出願期限までの時間は限られているから、効率的に出願書類を作成することが良いといわれることがあります。

本当にそうでしょうか?

確かに、効率的に出願書類を完成させることは重要です。

効率的に出願書類を作成する作業を進めることにより、より多くのビジネススクールに出願することができるようになります。

時間を十分に確保できる場合には、より多くのビジネススクールに出願することは前向きな選択肢であると思います。

しかし、効率を最優先に考えることにより、出願書類を作成する作業の効果を軽視することは逆効果になる可能性があると思われます。

特に、トップスクールへの出願を目指す場合には、高いレベルを証明するとともに、相性の良さを説明することにより、他の出願者との競争に勝つことができるクオリティの高い出願書類を作成することが必要になります。

1校目の出願書類の作成は、試行錯誤しながら検討を重ねることが必要になる0から1を創造する新規事業のプロジェクトに相当するため、より多くの時間と労力がかかる傾向があります。

出願者としての価値を表現するために一進一退の状況が続いて焦ることがあるかもしれませんが、他の出願者が多大な時間と労力をかけて最善を尽くした出願書類を準備することを考慮すると、ビジネススクールに伝えたいメッセージの内容を妥協することは可能な限り回避することが望ましいと思います。

出願期限までの時間が限られている場合には、一校ごとの出願書類の質の向上を図ることに集中することにより、作業の効果を重視することが望ましいと思われます。

第5に、高級ブランドとは連想できない価格のカウンセリングではなく、高価なカウンセリングを活用しないとトップスクールへの合格を目指すことは難しいという常識を変えたいと思っています。

一般的に、トップスクールへの合格を目指すためには、高価なカウンセリングを活用することが必要であるといわれています。

本当にそうでしょうか?

確かに、高価なカウンセリングは優れた質と豊富な量を兼ね備えている場合が多いと思われます。

1回あたりの価格が3万円以上のカウンセリングは珍しくありません。

十分な予算を確保できる場合には、前向きに検討する価値があると思います。

しかし、MBA留学を目指す全ての皆様が、高価なカウンセリングへのお申込みを前提とする予算を確保できるとは限らないと思っています。

実際には、様々な価格のカウンセリングが存在しており、出願者が発見できる場合には、MBA留学準備の予算を抑えることができる可能性があります。

また、自分だけでは解決することが難しい必要な部分と自分で解決できる不必要な部分を確認することが望ましいと思います。

MBA留学準備の予算が限られている場合には、高価なカウンセリングを活用することなく、トップスクールへの合格を目指す選択肢は検討する価値があると思います。

Future Education Centerは、MBA留学準備の最初の段階から、日本語の遠隔教育スタイルにより、出願作業の効果を重視しながら、高級ブランドとは連想できない価格のMBA留学カウンセリングの機会を提供しております。

MBA留学を目指す日本人が、自分に合ったMBA留学準備のスタイルを選択することにより、MBA留学を実現する可能性がより高くなるように、MBA留学準備の常識を変えることができればと思っています。

Future Education Centerでは、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を開催しております。
2016年度、2017年度のMBA留学を目指す皆様には、お気軽にご相談いただければと思っております。
真剣にMBA留学を目指すあなたのご参加をお待ちしております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2015年10月23日

遠隔教育スタイルのMBA留学カウンセリングについて

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

今回は、現在のMBA留学カウンセリングのスタイルに関してご案内いたします。

現在、Future Education Centerは、「遠隔教育スタイル」のMBA留学カウンセリングに特化して、受講者の皆様に「考える機会」を提供しています。

その理由は、レジュメやエッセイのドラフトの「書きことば」に集中することを最優先に考えているからです。

一般的に、出願においては、書きことばで表現されたレジュメやエッセイがビジネススクールに届きます。

しかし、レジュメやエッセイに書きことばで表現されない内容は、ビジネススクールの入学審査担当者に伝わりません。

出願者に会う機会を持つことなく、レジュメやエッセイの内容を考慮しながら審査を進めて、インタビューに招待するかどうかを決定することは珍しいことではありません。

そのため、出願者が「本当はこういうことを伝えたい」と思っていても、レジュメやエッセイに書きことばで表現しなければ、入学審査担当者は知る由がありません。

また、出願者が表現したいメッセージとレジュメやエッセイにおいて表現される内容との間に違いがある場合には、入学審査担当者は誤解するかもしれません。

face-to-faceのコミュニケーションにおいては、非言語コミュニケーションが大きな意味を持つといわれています。

長年にわたってface-to-faceのMBA留学カウンセリングに携わった経験を通して、非言語コミュニケーションがレジュメやエッセイのドラフトのクオリティの更なる向上を阻害する可能性があると思うようになりました。

特に、第一印象の良い受講者の皆様の場合には、face-to-faceのカウンセリングにより、レジュメやエッセイには大いに改善の余地があるにもかかわらず、素晴らしいレジュメやエッセイが完成した気分になってしまう可能性があることに危機感を覚えました。

そもそも、実績の積み重ねによる自信あふれる表情や将来の夢の実現を目指す希望に満ちた目の輝きなどの受講者の皆様の人間的な魅力と、レジュメやエッセイのドラフトの内容が充実していることは別の話になります。

しかし、非言語コミュニケーションにおける好印象が強すぎるのです。

インタビューの場合には良いのですが、レジュメやエッセイの場合には何とかしなければいけないと思いました。

大切なことは、シンプルで一貫性があってオリジナリティにあふれるレジュメやエッセイを作成することです。

カウンセラーとしてできることは、非言語コミュニケーションの影響を軽減することにより、言語コミュニケーションに集中する環境において、受講者の皆様にMBA留学カウンセリングの機会を提供することであると考えるようになりました。

その結果、現在は、遠隔教育スタイルのMBA留学カウンセリングにより、書きことばによるレジュメやエッセイのドラフトを確認しながら、話しことばによる双方向のコミュニケーションにより、受講者の皆様がMBA留学準備を進めることができるようにサポートすることを目指しています。

素晴らしいレジュメやエッセイを作成するために大切なことは、書きことばのレジュメやエッセイのドラフトの論点に関して、受講者の皆様が腑に落ちるまで、話しことばでディスカッションを続けることです。

特に、カウンセラーによるフィードバックに関して、受講者の皆様が納得できる形で判断することが鍵になります。

書きことばによるレジュメやエッセイの内容が、話しことばのインタビューの内容につながることが理想的です。

誤解を恐れずに申し上げますと、レジュメやエッセイの作成においては、作業の効率を意識し過ぎることは最善の選択肢であるとは限らないと思っています。

ドラフトを作成する「作業」とMBA留学カウンセリングにおける「会話」とドラフトに手を加えない「熟成」のバランスを考慮しながら、MBA留学準備を進めることをおすすめいたします。

Future Education Centerは、face-to-faceのMBA留学カウンセリングにおいては回避することの難しい非言語コミュニケーションのバイアスを軽減することができる、遠隔教育スタイルのMBA留学カウンセリングをおすすめします。

書きことばによりドラフトに表現された内容に関して、話しことばによりディスカッションに集中できる環境を提供することが、受講者の皆様がアプリカントとしての価値をより適切に表現することにつながると思っています。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2015年9月25日

MBA留学準備において英語試験は必要ですか?

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

一般的に、MBA留学を目指す日本人には、米国大学卒業などの場合を除いて、英語試験(TOEFL®ibt、IELTS(TM)など)の公式スコアレポートをビジネススクールに提出することが必要であるといわれています。

それでは、世界の全てのMBAプログラムが英語試験の公式スコアレポートの提出を要求しているのでしょうか?

実際には、そんなことはありません。
英語試験を考慮することなく、MBA留学を実現することは可能です。
具体的には、MIT (Sloan)、Duke (Fuqua)、Yaleなど、英語試験の公式スコアレポートを提出することなく出願できるMBAプログラムは存在しています。
(正式には、各ビジネススクールの公式ウェブサイトをご確認ください。なお、変更や誤解などにより事実と異なる場合には、どうぞご容赦ください。)

MBA留学を目指す皆様には、MBA留学準備の状況に応じて、本件に関して考慮することをお勧めいたします。
特に、GMAT®において目標スコアを獲得しているものの、TOEFL®ibtやIELTS(TM)において目標スコアに届いていない場合には検討する価値があると思います。
出願校のポートフォリオを更新することにより、ドリームスクールに出願する選択肢を考慮することができます。
また、出願校のポートフォリオによっては、MBA留学準備の方針を立てる際に、TOEFL®ibt、IELTS(TM)などの英語試験の対策そのものが不要になるかもしれません。

Future Education Centerでは、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を開催しております。
2016年度、2017年度のMBA留学を目指す皆様には、お気軽にご相談いただければと思っております。
真剣にMBA留学を目指すあなたのご参加をお待ちしております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2015年6月15日

MBA留学カウンセリングのリニューアルについて

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education CenterのMBA留学カウンセリングをリニューアルいたしました。

多忙を極める受講者の時間的なご負担の軽減を図るため、1回あたりの受講時間を半分に短縮(最長100分→最長50分)いたしました。そして、この変更に伴い、1回あたりの受講料金が半額(38,880円→19,440円)になりました。受講回数は、5回(税込97,200円)
、10回(税込194,400円)、15回(税込291,600円)から選択していただくことが可能です。

MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞご参加ください。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2015年3月25日

MBA留学カウンセリング(受講回数:5回)開講について

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

2015年4月1日(水曜日)より、MBA留学カウンセリング(受講回数:5回)を開講いたします。
2016年度のMBA留学を目指す皆様の自己確認およびキャリア確認の機会として、どうぞご活用いただければと思っております。
田山裕丈(MBA留学カウンセラー)が担当いたします。

MBA留学カウンセリングを受講される前に、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞご参加ください。
ご自宅などのご都合の良い場所から、電話にてご参加いただいております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2014年3月28日

MBA留学カウンセリングの変更事項のご案内

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、以下の通り、2014年4月1日(火曜日)からのMBA留学カウンセリングの変更事項をご案内いたします。
どうぞご確認ください。

「プログラム」
1:MBA留学カウンセリング(新規10回)388,800円(税込)
2:MBA留学カウンセリング(新規15回)583,200円(税込)
3:MBA留学カウンセリング(追加5回)194,400円(税込)
※入会金は0円(税込)です。

「形式」
Skypeによる遠隔教育です。

「受講有効期限」
2015年3月31日

「MBA留学準備プライベートセミナー」
原則として、平日(月曜日から金曜日まで)の20時00分開始です。
電話によるセミナーです。
参加費用は無料です。ただし、電話代がかかります。どうぞ予めご了承ください。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2012年11月 3日

開講プログラムの変更予定のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、近日中にFuture Education Centerの開講プログラムの変更を予定しております。
どうぞご理解いただきますようお願いいたします。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2012年10月30日

MBA式キャリアトレーニング新規開講のご案内

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

MBA式キャリアトレーニングを新規開講いたします。
詳細に関しましては、MBA式キャリアトレーニングのウェブサイトをどうぞご参照いただければ幸いです。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2012年1月10日

FEC Englishのご案内

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerにおいて、2013年度、2014年度、2015年度のMBA留学を目指す皆様のためのFEC Englishを開講しております。

~TOEFL®ibt本試験対策に特化した準備を開始する前に、FEC Englishにより英語の基礎力と学習方針を固めることをご提案いたします~

私たちは、MBA留学を目指す日本人のTOEFL®ibtの受験準備には改善の余地があると考えています。日本で生まれ育った日本人は、従来のTOEFL®pbt及びTOEFL®cbtと同様の受験準備では、TOEFL®ibtに太刀打ちできない状況に直面していると言っても過言ではないからです。そのため、総合的な英語力を測定する素晴らしい試験であると評価されているTOEFL®ibtの目標スコアを獲得するために、従来の方法とは全く異なる斬新なアプローチが必要であると考えています。

TOEFL®ibt本試験対策に特化した準備を開始する前に、「英語の基礎力と学習方針を固めること」により、あなたが最終的に総合スコア100点を獲得する可能性をさらに高めることをご提案いたします。最初に英語の基礎力と学習方針を固めることによりTOEFL®ibtにより総合スコア79点を獲得してから、TOEFL®ibtに特化した準備を進めることにより総合スコア100点の獲得を目指すことが、最終的にはTOEFL®ibtの受験準備をより効果的かつ効率的に進めることにつながると考えています。

MBA留学を目指すあなたの挑戦を応援するために、私たちは、FEC Englishを開講しております。英語の基礎力と学習方針を固めることにより、当面の目標である総合スコア79点を目指すための機会として、ぜひご活用ください。

詳細に関しましては、FEC Englishをどうぞご参照ください。

FEC Englishにご興味のある場合には、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞお気軽にご参加ください。FEC Englishの学習教材を実際に体験していただければと思っております。(FEC Englishは受講者限定プログラムとなりますが、MBA留学準備プログラムなどの各種プログラムと同時にお申し込みいただくことが可能です。詳細に関しましては、MBA留学準備プライベートセミナーの際にお問い合わせください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2011年11月23日

個人でMBA留学に挑戦する皆様へのメッセージのお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

木下講師(MBA留学カウンセラー)から個人でMBA留学に挑戦する皆様へのメッセージをお伝えいたします。

お忙しい日々をお過ごしのことと推察いたしますが、個人でMBA留学に挑戦する皆様には、MBA留学準備の最初の段階においてMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただくことをご提案いたします。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

以下、木下講師から個人でMBA留学に挑戦する皆様へのメッセージです。

~個人でMBA留学に挑戦するあなたの最初のステップは、あなた専用にカスタマイズされたMBA留学準備のロードマップを作成することです。MBA留学準備に関する断片的な情報に振り回されて時間と費用と労力を浪費してからでは遅いのです。~

個人でMBA留学に挑戦することは素晴らしいことです。しかし、企業派遣の場合とは異なり、個人でMBA留学に挑戦する場合には、MBA留学に関する包括的な情報を入手することができず、断片的な情報に振り回されていると思われる場合があります。MBA留学準備の全体像を把握することなく準備を開始して、いつの間にか、あなたの目標が合格を勝ち取ってMBA留学を実現することからTOEFL®とGMAT®の目標スコアを獲得することに変化してしまい、目標を見失ってしまうことがあります。当初の予定を超える時間と費用と労力を費やしてしまい、TOEFL®とGMAT®の準備を終了できる見通しが立たなくなって、MBA留学をあきらめてしまうことは珍しいことではありません。

英語力を基準にするのではなく、キャリアゴールを基準にして、MBA留学準備を進めることをご提案いたします。特に、個人でMBA留学に挑戦する場合には、キャリア戦略が重要な意味を持ちます。一般論になりますが、ビジネススクールの入学審査担当者が知りたいことは、「あなたは誰ですか?そして、どのような将来の可能性を持っていますか?(あなたはMBA留学の終了後にキャリアゴールを実現する可能性をさらに高める仕事の機会を勝ち取ることができますか?)」ということです。そのため、仕事上の実績を着実に積み重ねること、及び、ビジネスプロフェッショナルとしての洞察を更に深めるにより、キャリアゴールを実現することのできる十分な実績と可能性を持っていることを証明できるかどうかが、MBA留学準備の鍵になります。これまでのキャリアを振り返り、これからのキャリアを展望することにより、現時点におけるキャリアのあり方を客観的に認識することが、MBA留学準備の中心になると言っても過言ではありません。

それでは、どのようにMBA留学の準備を進めることが望ましいのでしょうか?最初のステップとして、あなた専用にカスタマイズされたキャリア戦略を基盤とするMBA留学準備のロードマップを作成することをご提案いたします。時間軸と行動軸を基準にしてMBA留学を実現するまでのプロセスを明確にすることが大切です。MBA留学準備の全体像を把握するとともに、具体的なMBA留学準備のポイントを意識しながら前進することができるようになるからです。

個人でMBA留学に挑戦することを決意されたならば、今すぐお申込みいただくことにより、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただけないでしょうか?あなた専用にカスタマイズされたMBA留学準備のロードマップを作成することなく、TOEFL®とGMAT®の準備を開始することにはリスクがあります。MBA留学準備の全体像を把握することなく断片的な情報に振り回されて時間と費用と労力を浪費してしまい、後になってから途方に暮れるリスクをあなたは考えたことがありますか?

2011年11月 7日

企業派遣の皆様へのメッセージのお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

木下講師(MBA留学カウンセラー)から企業派遣の皆様へのメッセージをお伝えいたします。

お忙しい日々をお過ごしのことと推察いたしますが、2012年のMBA留学を目指す企業派遣の皆様には、もし可能ならば、2011年11月中にMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただくことをご提案いたします。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈


以下、木下講師から企業派遣の皆様へのメッセージです。

~企業派遣に選ばれたら直ちにMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を受講していただけないでしょうか?2011年12月では遅いのです~

Future Education CenterのMBA留学カウンセリングは、エッセイを作成するためだけではなく、リスクヘッジを検討するとともに、企業派遣のミッションであるMBA合格を達成するための戦略を立案するためでもあります。あなたが決められた期限までに必ずどこかに合格しなければならないならば、社内選考に合格した後の最初のステップとして、TOEFL®とGMAT®の勉強を開始するのではなく、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただくことをご提案いたします。

もしかすると、あなたは、社内選考に合格したのだから、MBA留学準備は何とかなると思っているかもしれません。しかし、実際には、MBA出願プロジェクトが順調に進まないことは珍しい話ではありません。MBA出願プロジェクトのマネジメントの典型的な失敗例は、世の中にあふれる成功物語を断片的に集めて、とりあえずTOEFL®とGMAT®の勉強を開始したものの目標スコアを獲得することができないまま時間だけが過ぎてしまい、出願期限が近づいているにもかかわらず、出願校のポートフォリオも決まっておらず、エッセイの準備もできていない、という状況です。「TOEFL®とGMAT®の目標スコアを獲得してからエッセイの準備を開始する」という一般論は、あなたにとって最善の選択肢なのでしょうか?

MBA留学カウンセリングの受講者の方々は、常にMBA留学準備の全体像を把握しながら自分のポジショニングを客観的に捉え、目標に対して今は何をすべきか、ここでこれをしなければ後でどのようなリスクがあるかを考えて進捗チェックを行うことにより準備を進めます。TOEFL®とGMAT®のスコアメイクをしてからランキングによって出願校を決めるのではなく、出願校を決めてから合格の可能性を更に高めるためのリサーチを行い、TOEFL®とGMAT®の目標スコアを決定するとともに、戦略的にエッセイを書いていきます。

「MBA留学の準備が思ったように進まないけれど、どこにも合格しなかったらどうしよう?」と心配になって、企業派遣の皆さんが出願期限が近づいてから駆け込んで来ます。企業派遣の場合には、所属先の会社の方針との兼ね合いから、出願までの時間が少なくなればなるほど、状況が複雑になってしまう潜在的なリスクがあります。「もっと早くカウンセリングを受けていれば良かった。」と後悔しないように、あなたが企業派遣に選ばれたならば、最初にMBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加いただけないでしょうか?出願期限までの期間が長ければ長いほど、より抜本的な対策を講じることが可能になります。2011年12月の時点において、TOEFL®の総合スコアが80点台、GMAT®の総合スコアが500点台だったら、あなたはどうしますか?

2011年11月 1日

「セカンドオピニオンプログラム」のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerにおいて、「セカンドオピニオンプログラム」を開講いたしております。
Resume及びEssayに関する第三者によるフィードバックは、客観的な視点からの新しい発見につながります。
MBA留学準備における出願前の選択肢の一つとして、ぜひご活用ください。
(特に、Resume及びEssayのドラフトを作成したものの、自分の本当に伝えたいメッセージを表現することが難しく、アプリカントとしての自分の価値をビジネススクールの入学審査担当者に適切に伝えることができないかもしれないと危機感を覚えていらっしゃる場合には、どうぞお気軽にご相談ください。)

「目標」

Resume及びEssayの完成度を更に高めること

「プログラム内容」

○ Resumeに関するフィードバック
○ キャリアゴールのEssayに関するフィードバック
○ リーダーシップのEssayに関するフィードバック
○ パーソナルディベロップメントのEssayに関するフィードバック
○ コントリビューションのEssayに関するフィードバック

「受講スケジュール(例)」

第1回:Resumeに関するフィードバック

既に作成されたResumeに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

第2回:キャリアゴールのEssayに関するフィードバック

既に作成されたキャリアゴールのEssayに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

第3回:リーダーシップのEssayに関するフィードバック

既に作成されたリーダーシップのEssayに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

第4回:パーソナルディベロップメントのEssayに関するフィードバック

既に作成されたパーソナルディベロップメントのEssayに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

第5回:コントリビューションのEssayに関するフィードバック

既に作成されたコントリビューションのEssayに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

(実際には、ご希望に応じて、ケース・バイ・ケースとなります。)

「レッスン形式」

プライベートレッスン

「担当講師」

Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」

受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」

○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2013年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み」

ホームページの「お問合せ・セミナーお申込みフォーム」より、ご連絡をお願いいたします。

MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2011年10月 8日

「FEC English」のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerにおいて、2013年度、2014年度、2015年度のMBA留学を目指す皆様のための「FEC English」を開講しております。

~TOEFL®ibt本試験対策に特化した準備を開始する前に、FEC Englishにより英語の基礎力と学習方針を固めることをご提案いたします~

私たちは、MBA留学を目指す日本人のTOEFL®ibtの受験準備には改善の余地があると考えています。日本で生まれ育った日本人は、従来のTOEFL®pbt及びTOEFL®cbtと同様の受験準備では、TOEFL®ibtに太刀打ちできない状況に直面していると言っても過言ではないからです。そのため、総合的な英語力を測定する素晴らしい試験であると評価されているTOEFL®ibtの目標スコアを獲得するために、従来の方法とは全く異なる斬新なアプローチが必要であると考えています。

TOEFL®ibt本試験対策に特化した準備を開始する前に、「英語の基礎力と学習方針を固めること」により、あなたが最終的に総合スコア100点を獲得する可能性をさらに高めることをご提案いたします。最初に英語の基礎力と学習方針を固めることによりTOEFL®ibtにより総合スコア79点を獲得してから、TOEFL®ibtに特化した準備を進めることにより総合スコア100点の獲得を目指すことが、最終的にはTOEFL®ibtの受験準備をより効果的かつ効率的に進めることにつながると考えています。

MBA留学を目指すあなたの挑戦を応援するために、私たちは、FEC Englishを開講しております。英語の基礎力と学習方針を固めることにより、当面の目標である総合スコア79点を目指すための機会として、ぜひご活用ください。

詳細に関しましては、FEC Englishをどうぞご参照ください。

FEC Englishにご興味のある場合には、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞお気軽にご参加ください。FEC Englishの学習教材を実際に体験していただければと思っております。(FEC Englishは受講者限定プログラムとなりますが、MBA留学準備プログラムなどの各種プログラムと同時にお申し込みいただくことが可能です。詳細に関しましては、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)の際にお問い合わせください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2011年10月 1日

2013年、2014年、2015年のMBA留学を目指す皆様のMBA留学カウンセリングのお申込み再開のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

2011年10月1日(土曜日)より、2013年、2014年、2015年のMBA留学を目指す皆様のMBA留学カウンセリング(MBA留学準備に関する各種プログラム)のお申込みを再開いたします。

お問い合わせ・お申し込みに関しましては、お手数ですが、ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。(MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2011年6月26日

MBA出願戦略プログラム新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「MBA出願戦略プログラム(受講者限定プログラム)」を新規開講いたします。
MBA留学準備プログラム受講修了後の継続プログラムとして、ぜひご活用ください。

MBA出願戦略プログラム(受講者限定プログラム)

「目標」
○ 個別のビジネススクールに関する出願戦略を立案すること
○ 個別のビジネススクールに関する出願後戦略を立案すること

「プログラム内容」
○ エッセイ内容構築(1校目、2校目、3校目、4校目、5校目)
○ エッセイ内容確認(1校目)
○ 出願後戦略

「受講スケジュール(例)」
第1回 エッセイ内容構築(1校目)
第2回 エッセイ内容確認(1校目)
第3回 エッセイ内容構築(2校目、3校目)
第4回 エッセイ内容構築(4校目、5校目)
第5回 出願後戦略

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」
180,000円(税込189,000円)

「特記事項」
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2013年3月31日となります。
○ MBA留学準備プログラム受講修了後の継続プログラムとなります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。
○ 留学準備の進展状況により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2011年1月 8日

「インタビュートレーニング」のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerにおいて、インタビュートレーニングを開講しております。

インタビュートレーニングは、ビジネススクールのインタビューにおいて最高のパフォーマンスを発揮するために必要なスキルを効果的かつ効率的に習得するための短期集中プログラムです。

ネイティブスピーカーと同じように英語を話すことができる訳ではないけれど、アプリカントとしてのあなたの価値を伝えるメッセージの内容で勝負することにより、インタビューの機会を最大限に活用することを考えていらっしゃる場合には、ぜひ前向きにインタビュートレーニングの受講をご検討いただければと思っております。

「インタビュートレーニングの目標」
○ビジネススクールのインタビューに関する重要なポイントを理解すること
○英語の話しことばであなたが本当に伝えたいメッセージがビジネススクールの入学審査担当者に適切に伝わるように準備すること
○より大きな自信を持ってビジネススクールのインタビューに参加すること

インタビュートレーニングにご興味のある場合には、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞお気軽にご参加いただければと思っております。
お手数ですが、「ご連絡・お問合せフォーム」より、ご連絡をお願いいたします。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2011年1月 7日

「FEC English」のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerにおいて、2012年度、2013年度、2014年度のMBA留学を目指す皆様のための「FEC English」を開講しております。

~TOEFL®ibt本試験対策に特化した準備を開始する前に、FEC Englishにより英語の基礎力と学習方針を固めることをご提案いたします~

私たちは、MBA留学を目指す日本人のTOEFL®ibtの受験準備には改善の余地があると考えています。日本で生まれ育った日本人は、従来のTOEFL®pbt及びTOEFL®cbtと同様の受験準備では、TOEFL®ibtに太刀打ちできない状況に直面していると言っても過言ではないからです。そのため、総合的な英語力を測定する素晴らしい試験であると評価されているTOEFL®ibtの目標スコアを獲得するために、従来の方法とは全く異なる斬新なアプローチが必要であると考えています。

TOEFL®ibt本試験対策に特化した準備を開始する前に、「英語の基礎力と学習方針を固めること」により、あなたが最終的に総合スコア100点を獲得する可能性をさらに高めることをご提案いたします。最初に英語の基礎力と学習方針を固めることによりTOEFL®ibtにより総合スコア79点を獲得してから、TOEFL®ibtに特化した準備を進めることにより総合スコア100点の獲得を目指すことが、最終的にはTOEFL®ibtの受験準備をより効果的かつ効率的に進めることにつながると考えています。

MBA留学を目指すあなたの挑戦を応援するために、私たちは、FEC Englishを開講しております。英語の基礎力と学習方針を固めることにより、当面の目標である総合スコア79点を目指すための機会として、ぜひご活用ください。

詳細に関しましては、FEC Englishをどうぞご参照ください。

FEC Englishにご興味のある場合には、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にどうぞお気軽にご参加ください。FEC Englishの学習教材を実際に体験していただければと思っております。(FEC Englishは受講者限定プログラムとなりますが、MBA留学準備プログラムなどの各種プログラムと同時にお申し込みいただくことが可能です。詳細に関しましては、MBA留学準備プライベートセミナーの際にお問い合わせください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年12月13日

「ミシガン大学Global MBA進学準備英語プログラム」のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。
以下の通り、「ミシガン大学Global MBA進学準備英語プログラム」を開講いたします。

「対象者」
ミシガン大学Global MBAに進学予定の方々

「目的」
英語スキル(特に、ミシガン大学Global MBAにおいて、授業を理解するために必要なリスニングスキル、及び、レポート課題を提出するために必要なライティングスキル)の更なるレベルアップを図ること

「レッスン内容」
リスニング、ライティング、プレゼンテーション、ディスカッション

「レッスン形式」
プライベートレッスンまたはグループレッスン

「担当講師」
Future Education Centerグローバルチーム

「レッスン時間数」
50時間(25レッスン)または100時間(50レッスン)
(1レッスンは2時間となります。どうぞご了承ください。)

「開講日時」
ご希望に応じて、個別にご相談させていただければと思っております。

「開講場所」
ビュロー銀座(東京都中央区築地4-1-12)
(最寄駅:地下鉄日比谷線東銀座駅徒歩3分)

「受講定員」
8名様(最小開講人数:1名様)

「受講料金」
50時間の場合:1名様あたり420,000円(税込441,000円)
100時間の場合:1名様あたり840,000円(税込882,000円)

「特記事項」
事情により、開催日時、開催場所、担当講師などが変更される場合がございます。

「受付期間」
2010年12月13日(月曜日)~2011年1月13日(木曜日)
(先着順とさせていただいております。どうぞお早めにお申込みください。)

「お問合せ・お申込み」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」より、ご連絡をお願いいたします。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年11月 2日

「セカンドオピニオンプログラム」のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerにおいて、「セカンドオピニオンプログラム」を開講いたしております。
Resume及びEssayに関する第三者によるフィードバックは、客観的な視点からの新しい発見につながります。
MBA留学準備における出願前の選択肢の一つとして、ぜひご活用ください。
(特に、Resume及びEssayのドラフトを作成したものの、自分の本当に伝えたいメッセージを表現することが難しく、アプリカントとしての自分の価値をビジネススクールの入学審査担当者に適切に伝えることができないかもしれないと危機感を覚えていらっしゃる場合には、どうぞお気軽にご相談ください。)

「目標」

Resume及びEssayの完成度を更に高めること

「プログラム内容」

○ Resumeに関するフィードバック
○ キャリアゴールのEssayに関するフィードバック
○ リーダーシップのEssayに関するフィードバック
○ パーソナルディベロップメントのEssayに関するフィードバック
○ コントリビューションのEssayに関するフィードバック

「受講スケジュール(例)」

第1回:Resumeに関するフィードバック

既に作成されたResumeに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

第2回:キャリアゴールのEssayに関するフィードバック

既に作成されたキャリアゴールのEssayに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

第3回:リーダーシップのEssayに関するフィードバック

既に作成されたリーダーシップのEssayに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

第4回:パーソナルディベロップメントのEssayに関するフィードバック

既に作成されたパーソナルディベロップメントのEssayに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

第5回:コントリビューションのEssayに関するフィードバック

既に作成されたコントリビューションのEssayに関して、セカンドオピニオンをフィードバックいたします。

(実際には、ご希望に応じて、ケース・バイ・ケースとなります。)

「レッスン形式」

プライベートレッスン

「担当講師」

Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」

受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」

○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み」

ホームページの「お問合せ・お申込みフォーム」より、ご連絡をお願いいたします。

MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年10月 5日

「ミシガン大学Global MBA留学準備プログラム」のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerにおいて、「ミシガン大学Global MBA留学準備プログラム」を開講いたしております。
ミシガン大学Global MBA(Michigan GMBA)留学準備のためのプログラムです。
ぜひご活用ください。

「目標」
○Michigan GMBA留学を実現すること

「プログラム内容」

○レジュメの内容構築及び英文添削
○エッセイの内容構築及び英文添削
○インタビューの準備

「受講スケジュール(例)」
第1回:レジュメ及びエッセイ内容構築①(日本人講師)
第2回:レジュメ及びエッセイ内容構築②(日本人講師)
第3回:レジュメ及びエッセイ内容構築③(日本人講師)
第4回:レジュメ及びエッセイ内容構築④(日本人講師)
第5回:レジュメ及びエッセイ内容構築⑤(日本人講師)
第6回:レジュメ及びエッセイ英文添削①(外国人講師)
第7回:レジュメ及びエッセイ英文添削②(外国人講師)
第8回:レジュメ及びエッセイ英文添削③(外国人講師)
第9回:レジュメ及びエッセイ英文添削④(外国人講師)
第10回:レジュメ及びエッセイ英文添削⑤(外国人講師)
第11回:インタビュートレーニング①(外国人講師)
第12回:インタビュートレーニング②(外国人講師)
第13回:インタビュートレーニング③(外国人講師)
第14回:インタビュートレーニング④(外国人講師)
第15回:インタビュートレーニング⑤(外国人講師)

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」
受講回数:15回 540,000円(税込567,000円)

「特記事項」
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。
○ 留学準備の進展状況により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)にご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年9月30日

【期間限定】Final Round出願準備プログラム新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、期間限定にて「Final Round出願準備プログラム」を新規開講いたします。
2011年秋入学のMBA留学に関するFinal Round出願準備のための短期集中プログラムです。
ぜひご活用ください。

「目標」
○ Final Roundに出願すること

「プログラム内容」
○ レジュメの内容構築及び英文添削
○ エッセイの内容構築及び英文添削

「受講スケジュール(例)」
第1回 レジュメ及びエッセイ内容構築①(日本人講師)
第2回 レジュメ及びエッセイ内容構築②(日本人講師)
第3回 レジュメ及びエッセイ内容構築③(日本人講師)
第4回 レジュメ及びエッセイ内容構築④(日本人講師)
第5回 レジュメ及びエッセイ内容構築⑤(日本人講師)
第6回 レジュメ及びエッセイ英文添削①(外国人講師)
第7回 レジュメ及びエッセイ英文添削②(外国人講師)
第8回 レジュメ及びエッセイ英文添削③(外国人講師)
第9回 レジュメ及びエッセイ英文添削④(外国人講師)
第10回 レジュメ及びエッセイ英文添削⑤(外国人講師)

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」
受講回数:10回 360,000円(税込378,000円)

「特記事項」
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。
○ 留学準備の進展状況により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年8月30日

【期間限定】Second Round出願準備プログラム新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、期間限定にて「Second Round出願準備プログラム」を新規開講いたします。
2011年秋入学のMBA留学に関するSecond Round出願準備のための短期集中プログラムです。
ぜひご活用ください。

「目標」
○ Second Roundに出願すること

「プログラム内容」
○ レジュメの内容構築及び英文添削
○ エッセイの内容構築及び英文添削

「受講スケジュール(例)」
第1回 レジュメ及びエッセイ内容構築①(日本人講師)
第2回 レジュメ及びエッセイ内容構築②(日本人講師)
第3回 レジュメ及びエッセイ内容構築③(日本人講師)
第4回 レジュメ及びエッセイ内容構築④(日本人講師)
第5回 レジュメ及びエッセイ内容構築⑤(日本人講師)
第6回 レジュメ及びエッセイ英文添削①(外国人講師)
第7回 レジュメ及びエッセイ英文添削②(外国人講師)
第8回 レジュメ及びエッセイ英文添削③(外国人講師)
第9回 レジュメ及びエッセイ英文添削④(外国人講師)
第10回 レジュメ及びエッセイ英文添削⑤(外国人講師)

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」
受講回数:10回 360,000円(税込378,000円)

「特記事項」
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。
○ 留学準備の進展状況により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年7月30日

【期間限定】First Round出願準備プログラム新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、期間限定にて「First Round出願準備プログラム」を新規開講いたします。
2011年秋入学のMBA留学に関するFirst Round出願準備のための短期集中プログラムです。
ぜひご活用ください。

「目標」
○ First Roundに出願すること

「プログラム内容」
○ レジュメの内容構築及び英文添削
○ エッセイの内容構築及び英文添削

「受講スケジュール(例)」
第1回 レジュメ及びエッセイ内容構築①(日本人講師)
第2回 レジュメ及びエッセイ内容構築②(日本人講師)
第3回 レジュメ及びエッセイ内容構築③(日本人講師)
第4回 レジュメ及びエッセイ内容構築④(日本人講師)
第5回 レジュメ及びエッセイ内容構築⑤(日本人講師)
第6回 レジュメ及びエッセイ英文添削①(外国人講師)
第7回 レジュメ及びエッセイ英文添削②(外国人講師)
第8回 レジュメ及びエッセイ英文添削③(外国人講師)
第9回 レジュメ及びエッセイ英文添削④(外国人講師)
第10回 レジュメ及びエッセイ英文添削⑤(外国人講師)

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」
受講回数:10回 360,000円(税込378,000円)

「特記事項」
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。
○ 留学準備の進展状況により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年7月 6日

LLM出願準備カウンセリング新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「LLM出願準備カウンセリング」を新規開講いたします。
簡潔かつ一貫性のあるレジュメ及びStatementの作成は、志望校合格の可能性をさらに高めるための鍵となります。
実践的なLLM留学準備トレーニングの機会として、ぜひご活用ください。

「目標」

○ レジュメを作成すること
○ Statementを作成すること

「プログラム内容」

○ レジュメの内容構築及び英文添削
○ Statementの内容構築及び英文添削

「受講スケジュール(例)」

第1回:レジュメ及びStatement内容構築①(日本人講師)

(事前課題:レジュメ及びStatementのFirst Draftの作成(日本語版))
(事前課題(オプション):ワークシートの作成)

第2回:レジュメ及びStatement内容構築②(日本人講師))

(事前課題:レジュメ及びStatementのSecond Draftの作成(日本語版))
(事前課題(オプション):ワークシートの更新)

第3回:レジュメ及びStatement英文添削①(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びStatementのThird Draftの作成(英語版))

第4回:レジュメ及びStatement英文添削②(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びStatementのFourth Draftの作成(英語版))

第5回:レジュメ及びStatement英文添削③(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びStatementのFifth Draftの作成(英語版))

「レッスン形式」

プライベートレッスン

「担当講師」

Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」

受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」

○ レジュメ及びStatementの作成に特化したカウンセリングとなります。そのため、事前準備として、レジュメ及びStatementのドラフトの作成が必要となります。(その他、オプションとして、ワークシートの作成(第1回)、ワークシートの更新(第2回)を推奨いたします。)
○ レジュメの内容構築、Statementの内容構築、レジュメ(更新版)の英文添削、Statement(更新版)の英文添削などの理由により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」

ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。

(LLM留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

大学院出願準備カウンセリング新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「大学院出願準備カウンセリング」を新規開講いたします。
簡潔かつ一貫性のあるレジュメ及びStatementの作成は、志望校合格の可能性をさらに高めるための鍵となります。
実践的な大学院留学準備トレーニングの機会として、ぜひご活用ください。

「目標」

○ レジュメを作成すること
○ Statementを作成すること

「プログラム内容」

○ レジュメの内容構築及び英文添削
○ Statementの内容構築及び英文添削

「受講スケジュール(例)」

第1回:レジュメ及びStatement内容構築①(日本人講師)

(事前課題:レジュメ及びStatementのFirst Draftの作成(日本語版))
(事前課題(オプション):ワークシートの作成)

第2回:レジュメ及びStatement内容構築②(日本人講師))

(事前課題:レジュメ及びStatementのSecond Draftの作成(日本語版))
(事前課題(オプション):ワークシートの更新)

第3回:レジュメ及びStatement英文添削①(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びStatementのThird Draftの作成(英語版))

第4回:レジュメ及びStatement英文添削②(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びStatementのFourth Draftの作成(英語版))

第5回:レジュメ及びStatement英文添削③(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びStatementのFifth Draftの作成(英語版))

「レッスン形式」

プライベートレッスン

「担当講師」

Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」

受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」

○ レジュメ及びStatementの作成に特化したカウンセリングとなります。そのため、事前準備として、レジュメ及びStatementのドラフトの作成が必要となります。(その他、オプションとして、ワークシートの作成(第1回)、ワークシートの更新(第2回)を推奨いたします。)
○ レジュメの内容構築、Statementの内容構築、レジュメ(更新版)の英文添削、Statement(更新版)の英文添削などの理由により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」

ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。

(大学院留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年5月21日

ミシガン大学Global MBA留学準備プログラム新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「ミシガン大学Global MBA留学準備プログラム」を新規開講いたします。
ミシガン大学Global MBA(Michigan GMBA)留学準備のためのプログラムです。
ぜひご活用ください。

「目標」
○Michigan GMBA留学を実現すること

「プログラム内容」

○レジュメの内容構築及び英文添削
○エッセイの内容構築及び英文添削
○インタビューの準備

「受講スケジュール(例)」
第1回:レジュメ及びエッセイ内容構築①(日本人講師)
第2回:レジュメ及びエッセイ内容構築②(日本人講師)
第3回:レジュメ及びエッセイ内容構築③(日本人講師)
第4回:レジュメ及びエッセイ内容構築④(日本人講師)
第5回:レジュメ及びエッセイ内容構築⑤(日本人講師)
第6回:レジュメ及びエッセイ英文添削①(外国人講師)
第7回:レジュメ及びエッセイ英文添削②(外国人講師)
第8回:レジュメ及びエッセイ英文添削③(外国人講師)
第9回:レジュメ及びエッセイ英文添削④(外国人講師)
第10回:レジュメ及びエッセイ英文添削⑤(外国人講師)
第11回:インタビュートレーニング①(外国人講師)
第12回:インタビュートレーニング②(外国人講師)
第13回:インタビュートレーニング③(外国人講師)
第14回:インタビュートレーニング④(外国人講師)
第15回:インタビュートレーニング⑤(外国人講師)

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」
受講回数:15回 540,000円(税込567,000円)

「特記事項」
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。
○ 留学準備の進展状況により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年5月17日

エッセイカウンセリング新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「エッセイカウンセリング」を新規開講いたします。
ビジネススクールの入学審査担当者に伝えたいメッセージを英語で適切に伝えることは、MBA留学の実現可能性をさらに高めるための鍵となります。
アプリカントとしての価値を英語で適切に表現するための機会として、ぜひご活用ください。

「目標」

○ レジュメを作成すること
○ エッセイを作成すること

「プログラム内容」

○ レジュメの英文添削
○ エッセイの英文添削

「受講スケジュール(例)」

第1回:レジュメ及びエッセイ英文添削①(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びエッセイのドラフトの作成(英語版))

第2回:レジュメ及びエッセイ英文添削②(外国人講師))

(事前課題:レジュメ及びエッセイのドラフトの作成(英語版))

第3回:レジュメ及びエッセイ英文添削③(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びエッセイのドラフトの作成(英語版))

第4回:レジュメ及びエッセイ英文添削④(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びエッセイのドラフトの作成(英語版))

第5回:レジュメ及びエッセイ英文添削⑤(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びエッセイのドラフトの作成(英語版))

○実際には、エッセイの数、文字数及び難易度、レジュメ及びエッセイのドラフトの完成度などに応じて、個別にご相談させていただいております。

「レッスン形式」

プライベートレッスン

「担当講師」

Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」

受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」

○ 事前準備として、レジュメ及びエッセイのドラフトの作成が必要となります。
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」

ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年5月16日

MBA出願準備カウンセリング新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「MBA出願準備カウンセリング」を新規開講いたします。
簡潔かつ一貫性のあるレジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)の作成は、志望校合格の可能性をさらに高めるための鍵となります。
実践的なMBA留学準備トレーニングの機会として、ぜひご活用ください。

「目標」

○ レジュメを作成すること
○ エッセイ(キャリアゴール)を作成すること

「プログラム内容」

○ レジュメの内容構築及び英文添削
○ エッセイ(キャリアゴール)の内容構築及び英文添削

「受講スケジュール(例)」

第1回:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)内容構築①(日本人講師)

(事前課題:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)のFirst Draftの作成(日本語版))
(事前課題(オプション):ワークシートの作成)

第2回:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)内容構築②(日本人講師))

(事前課題:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)のSecond Draftの作成(日本語版))
(事前課題(オプション):ワークシートの更新)

第3回:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)英文添削①(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)のThird Draftの作成(英語版))

第4回:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)英文添削②(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)のFourth Draftの作成(英語版))

第5回:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)英文添削③(外国人講師)

(事前課題:レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)のFifth Draftの作成(英語版))

「レッスン形式」

プライベートレッスン

「担当講師」

Future Education Centerグローバルチーム

「受講料金」

受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」

○ レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)の作成に特化したカウンセリングとなります。そのため、事前準備として、レジュメ及びエッセイ(キャリアゴール)のドラフトの作成が必要となります。(その他、オプションとして、ワークシートの作成(第1回)、ワークシートの更新(第2回)を推奨いたします。)
○ レジュメの内容構築、エッセイ(キャリアゴール)の内容構築、レジュメ(更新版)の英文添削、エッセイ(更新版)(キャリアゴール)の英文添削などの理由により、追加の受講回数(有料)が必要となる場合がございます。
○ 1回あたり最長100分となります。
○ このプログラムの有効期限は2012年3月31日となります。
○ 事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」

ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。

MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年3月11日

GMAT®対策コーチング開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「GMAT®対策コーチング」を開講いたします。
GMAT®に関する理解を深めることによる「解答力」の更なる向上は、目標スコアを獲得するための鍵となります。
「英語力」の更なる向上のための懸命な努力にもかかわらずGMAT®のスコアが伸び悩んでいる場合には、ぜひ前向きにご検討ください。

「目標」
GMAT®の目標スコアを獲得すること

「プログラム内容」
○GMAT®対策のコーチング

「受講スケジュール(例)」

第1回:全体スケジュールの作成
○英語力・数学力の分析及び全体スケジュールの作成
○GMAT® Verbal(SC)に関する学習方法のガイダンス
(事前課題:英語学習の履歴に関するワークシートの作成)

第2回:GMAT® Verbal(SC)対策
○GMAT® Verbal(SC)の学習記録の分析及びアドバイス
○GMAT® Verbal(CR)に関する学習方法のガイダンス
(事前課題:GMAT® Verbal(SC)に関するワークシートの作成)

第3回:GMAT® Verbal(CR)対策
○GMAT® Verbal(CR)の学習記録の分析及びアドバイス
○GMAT® Verbal(RD)に関する学習方法のガイダンス
(事前課題:GMAT® Verbal(CR)に関するワークシートの作成)

第4回:GMAT® Verbal(RD)及びAWA対策
○GMAT® Verbal(RD)及びAWAの学習記録の分析及びアドバイス
○GMAT® Mathに関する学習方法のガイダンス
(事前課題:GMAT® Verbal(RD)及びAWAに関するワークシートの作成)

第5回:GMAT® Math対策
○GMAT® Mathの学習記録の分析及びアドバイス
○今後の学習方法及び受験戦略に関するアドバイス
(事前課題:GMAT® Mathに関するワークシートの作成)

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
木下修 (Future Education Center所長)

「受講料金」
受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」
○1回あたり最長100分となります。
○このプログラムの有効期限は2011年3月31日となります。
○事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年3月10日

TOEFL®対策コーチング開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「TOEFL®対策コーチング」を開講いたします。
TOEFL®に関する理解を深めることによる「解答力」の更なる向上は、目標スコアを獲得するための鍵となります。
「英語力」の更なる向上のための懸命な努力にもかかわらずTOEFL®のスコアが伸び悩んでいる場合には、ぜひ前向きにご検討ください。

「目標」
TOEFL®の目標スコアを獲得すること

「プログラム内容」
○TOEFL®対策のコーチング

「受講スケジュール(例)」

第1回:全体スケジュールの作成
○英語力の分析及び全体スケジュールの作成
○TOEFL® Readingに関する学習方法のガイダンス
(事前課題:英語学習の履歴に関するワークシートの作成)

第2回:TOEFL® Reading対策
○TOEFL® Readingの学習記録の分析及びアドバイス
○TOEFL® Listeningに関する学習方法のガイダンス
(事前課題:TOEFL® Readingに関するワークシートの作成)

第3回:TOEFL® Listening対策
○TOEFL® Listeningの学習記録の分析及びアドバイス
○TOEFL® Writingに関する学習方法のガイダンス
(事前課題:TOEFL® Listeningに関するワークシートの作成)

第4回:TOEFL® Writing対策
○TOEFL® Writingに関する現状分析及びアドバイス
○TOEFL® Speakingに関する学習方法のガイダンス
(事前課題:TOEFL® Writing及びSpeakingに関するワークシートの作成)

第5回:TOEFL® Speaking対策
○TOEFL® Speakingに関する現状分析及びアドバイス
○今後の学習方法及び受験戦略に関するアドバイス
(事前課題:TOEFL® Writing及びSpeakingに関する更新版ワークシートの作成)

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
木下修 (Future Education Center所長)

「受講料金」
受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」
○1回あたり最長100分となります。
○このプログラムの有効期限は2011年3月31日となります。
○事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2010年2月 1日

FEC English 英語教材のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

Future Education Centerにおいて、FEC English(受講者限定プログラム)を開講いたしております。

ダインエド社の英語教材の概要に関するビデオムービー(11分08秒)をどうぞご覧ください。

FEC Englishとは?

FEC Englishは、MBA留学を目指すあなたが「英語の壁」を克服するためのブレンディッドラーニング形式の英語学習プログラムです。最初に、オリエンテーションにおいて、脳科学の理論に基づいているダインエド社(DynEd International, Inc.)の英語学習教材を最大限に活用するための準備を行います。そして、自宅学習において、音声認識機能のある英語学習教材を使用することにより、「流暢な英語」を習得するためのトレーニングを行います。さらに、プライベートレッスンにおいて、実際に英語を使用するコミュニケーションの機会を持つことにより、自分の伝えたい内容を英語で表現するためのトレーニングを行います。FEC Englishは、真剣にMBA留学準備に取り組むあなたの英語学習プログラムです。ぜひ前向きにご検討ください。

なお、お問合せ・お申込みに関しましては、ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」より、ご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2009年12月12日

「ミシガン大学Global MBA進学準備英語プログラム」のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。
以下の通り、「ミシガン大学Global MBA進学準備英語プログラム」を開講いたします。

「対象者」
ミシガン大学Global MBAに進学予定の方々

「目的」
英語スキル(特に、ミシガン大学Global MBAにおいて、授業を理解するために必要なリスニングスキル、及び、レポート課題を提出するために必要なライティングスキル)の更なるレベルアップを図ること

「レッスン内容」
リスニング、ライティング、プレゼンテーション、ディスカッション

「レッスン形式」
プライベートレッスンまたはグループレッスン

「担当講師」
Mr. Thom Peace 及び Mr. Gavin Dixon

「レッスン時間数」
50時間(25レッスン)または100時間(50レッスン)
(1レッスンは2時間となります。どうぞご了承ください。)

「開講日時」
ご希望に応じて、個別にご相談させていただければと思っております。

「開講場所」
ビュロー銀座(東京都中央区築地4-1-12)
(最寄駅:地下鉄日比谷線東銀座駅徒歩3分)

「受講定員」
8名様(最小開講人数:1名様)

「受講料金」
50時間の場合:1名様あたり420,000円(税込441,000円)
100時間の場合:1名様あたり840,000円(税込882,000円)

「特記事項」
事情により、開催日時、開催場所、担当講師などが変更される場合がございます。

「受付期間」
2009年12月12日(土曜日)~2010年1月22日(金曜日)
(先着順とさせていただいております。どうぞお早めにお申込みください。)

「お問合せ・お申込み」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」より、ご連絡をお願いいたします。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2009年9月15日

キャリアカウンセリング開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、「キャリアカウンセリング」を開講いたします。
早い時期からキャリアについて考えることは、将来のキャリアゴールの実現の可能性をさらに高めるための鍵となります。
将来のキャリアゴールの実現のために、本格的にスタートするための機会として、ぜひご活用ください。

「目標」
○現状を把握すること
○将来のキャリアゴールを設定すること
○今後の実行計画を作成すること

「プログラム内容」
○現状の把握
○履歴書の作成
○長期のキャリアゴールの設定
○短期のキャリアゴールの設定
○実行計画の作成

「受講スケジュール(例)」
第1回:現状の把握
自分自身の特長や経験を再認識することにより、過去から現在までの歴史を振り返るとともに、現在の状況を認識します。
第2回:履歴書の作成
過去から現在までの歴史を適切なことばで表現することにより、現時点における履歴書を作成します。
第3回:長期のキャリアゴールの設定
長期(20年後)のキャリアゴールを設定します。
第4回:短期のキャリアゴールの設定
短期(5年後)のキャリアゴールを設定します。
第5回:実行計画の作成
今後の行動を適切なことばで表現することにより、長期及び短期のキャリアゴールを実現するための実行計画を作成します。

「レッスン形式」
プライベートレッスン

「担当講師」
木下修 (Future Education Center所長)

「受講料金」
受講回数:5回 180,000円(税込189,000円)

「特記事項」
○1回あたり最長100分となります。
○このプログラムの有効期限は2010年3月31日となります。
○事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み方法」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」よりご連絡をお願いいたします。
(キャリアカウンセリングプライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2009年8月30日

FEC English オリエンテーションのお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

以下の通り、FEC English (受講者限定プログラム)のオリエンテーションに関してお伝えいたします。
どうぞご確認ください。

1 自己紹介
2 オリエンテーションのスケジュール確認
3 英語学習教材の設定
4 英語学習の履歴及び英語力の確認(実力診断テストの実施)
5 英語学習教材の学習理論及び特長に関する説明
6 英語学習教材の操作方法に関する説明
7 英語学習教材の学習方法に関する説明
8 質疑応答

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2009年7月 7日

FEC English 新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

2009年7月7日(火曜日)より、受講者限定プログラムとして、MBA留学準備のためのFEC Englishを新規開講いたします。英語スキルの向上は、志望校合格の可能性を更に高めるための鍵となります。出願先のビジネススクールから要求される英語スキルの基準を満たすための準備の機会として、ぜひご活用ください。

FEC English (受講者限定プログラム)

「概要」
TOEFL®ibtは、総合的な英語力を測定する素晴らしい試験であると評価されています。しかし、日本で生まれ育った日本人にとって、TOEFL®ibtにおいて100点を超える点数を獲得することは至難の業です。特に、スピーキングのセクションにおいて高得点を獲得することは難しく、他のセクション(リーディング、ライティング、リスニング)と比較した場合、スピーキングのセクションのスコアが極端に低いという結果が、日本人のTOEFL®ibt受験者の間で実際に見られます。
このような課題に対応するために、FEC Englishを開講いたしました。英語の「流暢さ」を習得するためのブレンディドラーニング(自宅学習+プライベートレッスン)形式のプログラムです。自宅学習において、音声認識機能のある英語プログラムを活用することにより、実際に自分の英語が適切に表現されているかどうかを確認しながら繰り返し練習することにより、「流暢さ」を習得するためのトレーニングを行います。そして、プライベートレッスンにおいて、英語で自分の伝えたい内容を表現するトレーニングを行います。既存のTOEFL®ibt試験対策に限界を感じていらっしゃる場合には、どうぞ前向きにご検討ください。
Future Education Centerは、TOEFL®ibtのスコアが必ずしも十分ではないという理由だけで、MBA留学の機会をあきらめることはもったいないと思っています。MBA留学準備の段階において、英語スキルに関する理由により、ビジネススクールの入学審査担当者からビジネス・プロフェッショナルとしての将来のポテンシャルが適切に評価されないことを回避するために、少しでもお役に立つことができれば幸いです。
FEC Englishにご興味のある場合には、MBA留学準備プライベートセミナーにどうぞご参加ください。事前にご希望をお伝えいただける場合には、FEC Englishの教材を実際に体験していただくことも可能です。(FEC Englishは、受講者の方々のための限定プログラムとなります。詳細に関しましては、MBA留学準備プライベートセミナーの際に、どうぞお問い合わせください。)

「目的」
○TOEFL®ibt試験の準備として英語のリスニングスキル及びスピーキングスキルの更なる向上を図ること
○インタビューの準備として英語によるコミュニケーションスキルの更なる向上を図ること
○MBA留学の準備として全般的な英語スキルの更なる向上を図ること

「FEC English 基本プログラム」
オリエンテーション
○自宅学習(New Dynamic English)
○プライベートレッスン(全3回)

(ご参考)「FEC English 基本プログラム」の受講スケジュール(例)
第1回:自分に関するプレゼンテーション
(事前課題:自己紹介のためのワークシートの作成)
第2回:家族・友人に関するプレゼンテーション
(事前課題:家族・友人の説明のためのワークシートの作成)
第3回:趣味・興味に関するプレゼンテーション
(事前課題:趣味・興味の説明のためのワークシートの作成)

「FEC English 応用プログラム」
○自宅学習(Dynamic Business English)
○自宅学習(Functioning in Business)
○プライベートレッスン(全3回)

(ご参考)「FEC English 応用プログラム」の受講スケジュール(例)
第1回:会社に関するプレゼンテーション
(事前課題:会社紹介のためのワークシートの作成)
第2回:職歴に関するプレゼンテーション
(事前課題:職歴の説明のためのワークシートの作成)
第3回:キャリアゴールに関するプレゼンテーション
(事前課題:キャリアゴールの説明のためのワークシートの作成)

「FEC English 実践プログラム」
○自宅学習(Advanced Listening)
○自宅学習(English by the Numbers)
○プライベートレッスン(全3回)

(ご参考)「FEC English 実践プログラム」の受講スケジュール(例)
第1回:ライティング&プレゼンテーション
(事前課題:MBA留学中の履修計画に関するドラフトの作成)
第2回:ライティング&プレゼンテーション
(事前課題:MBA留学中の課外活動計画に関するドラフトの作成)
第3回:ライティング&プレゼンテーション
(事前課題:ビジネススクールのMBAプログラム説明会に関するドラフトの作成)

「レッスン形式」
ブレンディッドラーニング(自宅学習及びプライベートレッスン)

「担当講師」
加藤直人(オリエンテーション)
山田暢彦(プライベートレッスン)

「受講料金」
○FEC English 基本プログラム 120,000円(税込126,000円)
○FEC English 応用プログラム 90,000円(税込94,500円)
○FEC English 実践プログラム 90,000円(税込94,500円)
(追加受講の場合)
○プライベートレッスン(3レッスン) 60,000円(税込63,000円)

「特記事項」
○オリエンテーション、プライベートレッスンともに1回あたり最長100分となります。
○プログラムの有効期間は3ヶ月間となります。(追加受講の場合には、お申込みのプログラムの有効期限と同様となります。)
○事情により、開講日時、開講場所、担当講師が変更される場合がございます。

「お問合せ・お申込み」
ホームページの「ご連絡・お問合せフォーム」より、ご連絡をお願いいたします。
MBA留学準備プライベートセミナーにご参加の上、どうぞご検討ください。)

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2009年5月26日

MBAキャリアカウンセリングのお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

MBA取得者の皆様のキャリアゴール実現の可能性を更に高めていただくために、MBAキャリアカウンセリング(MBA取得者対象のキャリアカウンセリング)を開講いたしております。
詳細に関しましては、MBAキャリアカウンセリングのウェブサイトをどうぞご覧ください。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2009年3月24日

MBA English新規開講のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

MBA取得者の皆様のキャリアゴール実現の可能性を更に高めていただくために、MBA English(MBA取得者対象のビジネス英語プライベートレッスン)を新規開講いたします。
詳細に関しましては、MBA Englishのホームページをどうぞご覧ください。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

2007年11月20日

MBA留学カウンセリングの新規お申込み手続き一時停止のお知らせ

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、MBA留学カウンセリング受講者の方々のご予約枠の確保及びMBA留学カウンセリングのクオリティ維持のため、MBA留学カウンセリングの新規お申込み手続きを一時停止いたします。
どうぞご理解いただきますようお願いいたします。

MBA留学カウンセリングの新規お申込み手続きに関しましては、2008年1月4日(金曜日)に再開することを予定しております。

なお、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)に関しましては、これまで通り随時開催いたします。
どうぞお気軽にご参加ください。

ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
Future Education Center
田山裕丈

アーカイブ

最近のエントリー

Pickup

はじめての方へ 田山裕丈のMBA留学カウンセリング MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制) MBA留学カウンセリング 受講スケジュール 受講料金 受講者合格実績
人材アドバイザリーサービス MBA式キャリアトレーニング MBA留学カウンセリング MBA取得 Why MBA?