MBA留学カウンセリング
Future Education Center
MBA留学 Future Education Center

MBA留学カウンセリング最新情報

« 出願には受験料が必要ですか? | メイン | 出願には職務経験は必要ですか? »

出願書類作成は専門家のサポートを受けることが良いですか?

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

一般的には、MBA留学準備において、出願書類の作成は専門家によるサポートを受けることが望ましいという風潮があると思われます。

しかし、本当にそうでしょうか?

実際には、ケース・バイ・ケースであると思います。

専門家のサポートを受ける意思のない場合には、独学で出願書類を準備することは前向きな選択肢であると思います。

特に、専門家に依頼する費用がかからないため、MBA留学準備全体の費用の総額を抑えることができます。

しかし、改善の余地が残されたまま出願書類を提出していることに気が付かないリスクがあるため注意が必要です。

また、専門家のサポートを受ける意思のある場合には、外国人講師による英語でのサービスと日本人講師による日本語でのサービスという選択肢があります。

十分な英語力のある場合には、外国人講師による英語でのサービスを活用することは前向きな選択肢であると思います。

特に、外国人講師との英語によるコミュニケーションにより、最初から英語で考えながら準備を進めることができます。

しかし、十分な英語力のない場合には、英文のドラフトが表面的な内容に終始してしまうリスクがあります。

十分な英語力のない場合には、日本人講師による日本語でのサービスを活用することは前向きな選択肢であると思います。

特に、日本人講師との日本語によるコミュニケーションにより、母語により理解を深めながら準備を進めることができます。

しかし、日本語版のドラフトを作成した後に英語版の出願書類を完成させることに時間がかかるリスクがあります。

MBA留学準備の進展状況に応じて、柔軟に検討する機会を持つことをおすすめします。

なお、大きく分類すると、出願書類の作成には、ネタ出し、フィードバック、プルーフリーディングがあります。

日本人講師との日本語によるコミュニケーションを選択する場合にも、プルーフリーディングなどには外国人講師との英語によるコミュニケーションが必要になる場合があります。

実際には、MBA留学を目指す皆様の状況に応じて、ベストプラクティスを考えることをご提案いたします。

それでは、どのような観点から、専門家の特徴を検討することが望ましいのでしょうか?

まず、出願書類の専門家によるサービス形式には、コンサルティング、カウンセリング、プルーフリーディングの3つの選択肢があると思われます。

コンサルティングは、受講者の皆様にコンサルタントのノウハウを提供するスタイルです。

カウンセリングは、受講者の皆様の長所を引き出すスタイルです。

プルーフリーディングは、受講者の皆様の表現を最適にするスタイルです。

次に、出願書類の専門家による方針には、トップスクール志向、リスクヘッジ重視、個性尊重の3つの選択肢があると思われます。

トップスクール志向は、トップスクールへの進学を目指す受講者の皆様のドリームスクールへの進学をサポートするスタイルです。

リスクヘッジ重視は、厳しい状況に直面する受講者の皆様のリスクヘッジをサポートするスタイルです。

個性尊重は、受講者の皆様が自分に合ったビジネススクールへの進学を探すことに強みを発揮するスタイルです。

更に、出願書類の専門家の個性には、エスタブリッシュメント、クリエイティブ、ブルーオーシャンの3つの選択肢があります。

エスタブリッシュメントは、スペックで勝負する受講者の皆様のサポートに強みを発揮するスタイルです。

クリエイティブは、個性で勝負する受講者の皆様のサポートに強みを発揮するスタイルです。

ブルーオーシャンは、差別化戦略で勝負する受講者の皆様のサポートに強みを発揮するスタイルです。

実際には、MBA留学を目指す皆様とコンサルタントとの相性を考慮することをご提案いたします。

その他には、どのような観点からサービスを検討することが良いのでしょうか?

サービスの内容とともに、料金設定、単価基準、受講型式などを確認することが望ましいと思います。

まず、料金設定には、高価なサービス(たとえば、総額100万円以上)から比較的リーズナブルなサービス(たとえば、総額30万円以下)まで様々な選択肢があります。

高価なサービスには、実績のあるコンサルタント、総合的なサービス、豊富な時間数などの理由があります。

比較的リーズナブルなサービスには、新進気鋭のコンサルタント、特化したサービス、限定された時間数などの理由があります。

次に、単価基準には、校数単位から、時間単位、回数単位まで様々な選択肢があります。

校数単位は、出願校の校数に応じて料金が設定されます。

時間単位は、1時間あたりの単価に応じて料金が設定されます。

回数単位は、受講回数に応じて料金が設定されます。

更に、受講型式には、対面式、Eメール、Skype(TM)、電話など、様々な選択肢があります。

対面式は、コンサルタント(カウンセラー、プルーフリーダー)に会える双方向のコミュニケーションにより安心感があります。

Skype(TM)は、通学する必要がない双方向のコミュニケーションにより時間を節約できます。

電話は、音声による双方向のコミュニケーションにより文字表現に集中することができます。

Eメールは、書き言葉による一方通行のコミュニケーションにより好きな時に確認できます。

その他、入学料金の有無、受講期間の長さ、未受講分の料金の払い戻し金額の計算方法など、サービスの枠組みの設定にも様々な選択肢があります。

Future Education Centerでは、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を開催しております。
2016年度、2017年度のMBA留学を目指す皆様には、お気軽にご相談いただければと思っております。
真剣にMBA留学を目指すあなたのご参加をお待ちしております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

アーカイブ

最近のエントリー

Pickup

はじめての方へ 田山裕丈のMBA留学カウンセリング MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制) MBA留学カウンセリング 受講スケジュール 受講料金 受講者合格実績
人材アドバイザリーサービス MBA式キャリアトレーニング MBA留学カウンセリング MBA取得 Why MBA?