MBA留学カウンセリング
Future Education Center
MBA留学 Future Education Center

MBA留学カウンセリング最新情報

« MBA留学準備において英語試験は必要ですか? | メイン | 英語試験にはTOEFL®ibtとIELTS(TM)しか選択肢はないのですか? »

米国MBA留学にはTOEFL®ibtの選択が望ましいですか?

日頃より大変お世話になり、ありがとうございます。

一般的には、米国MBA留学を目指す場合には、IELTS(TM)の公式スコアが認められないトップスクールがあるため、英語試験はTOEFL®ibtを選択することが望ましいといわれています。

それでは、IELTS(TM)の公式スコアを受付しない米国のトップスクールはどのくらい存在するのでしょうか?

実際には、少ししかありません。
確かに、IELTS(TM)の公式スコアを考慮しない米国のトップスクールは存在するのですが、米国のトップスクールの多くはIELTS(TM)の公式スコアを審査の対象としています。

具体的には、入学審査においてIELTS(TM)を考慮しない米国のトップスクールは、University of Pennsylvania (Wharton)とUniversity of Michigan, Ann Arbor (Ross)になります。
(正式には、各ビジネススクールの公式ウェブサイトをご確認ください。なお、変更や誤解により事実と異なる場合には、どうぞご容赦ください。)

MBA留学を目指す皆様には、出願戦略を立案する際に、英語試験の選択について検討することをお勧めいたします。

もちろん、University of Pennsylvania (Wharton)やUniversity of Michigan, Ann Arbor (Ross)で学びたいと思っている場合には、TOEFL®ibtを選択することが必要です。

但し、TOEFL®ibtとIELTS(TM)の特徴を考慮することなく、米国のトップスクールを目指すならばTOEFL®ibtという先入観に基づいて判断することは回避することをお勧めします。

実際には、1:TOEFL@ibt、2:IELTS(TM)、3:英語試験を受験しない、4:その他、の選択肢があります。

Future Education Centerでは、MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制)を開催しております。
2016年度、2017年度のMBA留学を目指す皆様には、お気軽にご相談いただければと思っております。
真剣にMBA留学を目指す皆様のご参加をお待ちしております。

ご不明な点等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

トレーニングパートナーズ株式会社
代表取締役 田山裕丈

アーカイブ

最近のエントリー

Pickup

はじめての方へ 田山裕丈のMBA留学カウンセリング MBA留学準備プライベートセミナー(無料・予約制) MBA留学カウンセリング 受講スケジュール 受講料金 受講者合格実績
人材アドバイザリーサービス MBA式キャリアトレーニング MBA留学カウンセリング MBA取得 Why MBA?